若くてもセックスレスになる? 夜の回数が減っている時に注意したいこと3つ

彼との夜の回数が減って、悩んでいる女性はいませんか?

セックスレスというと、つい他人事に思ってしまいがちですが、いざ悩みに見舞われるとなかなか人に相談しづらく、困っている女子は案外多いものです。

なかには彼を変に問いただしてしまい、関係が険悪になって最悪別れてしまうケースもあるのだとか……。夜の事情はデリケートな問題だけに、解決の仕方が難しいですよね。

そこで今回はこうした時、女子が恋人としてできる最善策について考えてみました。

彼の気持ちに寄り添ってあげる

まず彼がその気にならない原因について考えてみましょう。こういった場合、最も原因になりやすいのは、彼が仕事で疲れていたり、何か悩みを抱えているケースです。男性のなかには愚痴をこぼすのが苦手で、ついひとりで悩みを背負ってしまうタイプが少なくないもの。

ですので、変に「どうしてしてくれないの?」と問いただす前に、それとなく「仕事で何かあった……?」と彼の悩みをじっくりと聞いてあげる姿勢が大切です。

彼があまり話したがらないようなら、無理に聞き出そうとはせず、何も言わず彼の好物を作ってあげてみては……?

そのような優しい心遣いに男性はホッと安堵し、「実は……」とあなたに悩みを打ち明けるかもしれません。男性は見た目と違ってデリケートな人が多いので、日頃から彼の言動を注意深く観察しながら、彼の気持ちの変化に気づいてあげられると良さそうです。

些細なことも言い合えるように関係を充実させる

次に多い原因は、ふたりの気持ちのすれ違いです。仲のいいカップルほど、どんなに小さなことでも口にして、気持ちを共有しています。

ところがお互いの仕事が忙しくて、LINEで話すことも少ないといった状況では、相手の気持ちが見えなくなってしまいがち……。

ふたりの気持ちが離れてしまう原因にもなりかねないので、まずは恋人としてのコミュニケーションを充実させましょう。付き合いが長くなってきてしまうと、つい「相手に伝わっているだろう……」と、気持ちを言葉に出すことが少なくなってしまうことが多いものです。

関係がマンネリになると夜の回数も減ってしまう可能性があるので、いつも彼から誘われることが多い女子はたまには自分から誘ってみたり、する場所を変えてみるなど。シチュエーションに変化をもたらしてみては……?

彼の脂肪を燃焼させてあげる

最後は運動不足の可能性です。性欲は男性ホルモンの影響が大きいですが、実はこの男性ホルモン、脂肪が増えると分泌の量が少なくなってしまうのです。

元々男性ホルモンは男らしい体を作るために必須ですが、ホルモンの分泌が少なくなると今度は太りやすい体になってしまうそう……。

彼が週末家で決まってゴロゴロしている、最近彼のお腹が出てきた……なんて時は、一緒に運動に誘って、彼の男性ホルモンの分泌を促してあげて。

セックスレスになる可能性は意外と高い!?

いかがでしたか。「若い時なんて夜の事情に困らないんじゃ?」と高を括ってしまいがちですが、これらの要因が重なれば彼がその気にならない……なんてケースはザラに出てきそう。

まずはふたりの関係の充実をさせて、素敵な夜の生活を送れるといいですね。

柚木深つばさの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…