結婚の決断が出来ない彼を“上手に待つ”方法

『女性の恋愛は短期決戦、男性の恋愛は長期決戦』
なんて云います。

私は結婚相談室でカウンセラーをしていたことがあるんですが、女性会員が遅くとも半年くらいで決着を求めるのに対し、男性はお付き合いを始めても、なかなか婚約、結婚という決断に踏み切りません。
結果、女性を悲しませたり、「煮え切らない」、「何を考えているのか分からない」といった言葉で別れを告げられることになります。
本当はお互い好きだったのに、女性が上手く待てないせいで別れるカップルって多いんです。

では決断してくれない彼に、どんな態度を取ればいいのでしょう?
待てなくてイライラする気持ち、どうすればいいんでしょう?

「男ゴコロはこういうもの」と心得る

男性の心は女性よりも社会と密着しています。
熱に浮かされた恋愛初期を過ぎると現実に戻り、収入や将来について考え始めます。そこに余裕を持ち、責任が取れると思えるまで結婚に踏み出せなくなるのです。

恋愛初期の男性の優しさは、ご存知のように獲物を獲るための本能です。
そしてまた、獲物を捕まえたら管理しない、というのも男の本能なんです。
常に新しいもの(仕事も含めて)にチャレンジするよう本能が働く。だから、獲物(女性)を捕まえた後の男性の恋愛管理は実に下手です。

親しい仲になればなるほど、メールも電話も減ります。デートも積極的でなくなります。
『待てない女性』が不安になるのは、まさにこの時。
「もう冷めたの? 私のこと好きじゃないの? 私たちこれからどうなるの?」
問い詰めたり、自爆したり……。そんな経験ありませんか?

そんなあなたのための、おまじないの言葉を教えましょう。
“男ゴコロはこういうもの”
です。

この言葉を知って、心得ていればいいんです。
そうすれば、「不安にならないで待てる」ようになります。

男性は「依存しない女」と結婚したい

待つ、とは具体的にはどういうことかというと、彼が忙しいとき、問い詰めたり責めたりせず、「やりたいようにさせてあげる」ということです。

彼が忙しいとき、自分の恋愛を優先させないで、彼の仕事を優先させる。
彼の趣味を優先させる。
仕事や付き合いを理解してくれる女性と、男性は結婚したいと思います。
なんだか勝手ですが、でも、そうなんです。

だからその間、女性は自分の好きなことをするんです。
彼のことを考えれば考えるほどイライラしてきますから、なるべく考えないで、平気で一人遊びが出来る女性をめざしましょう。

もう1度書きます。
合い言葉は、
“男ゴコロはこういうもの”
です。

最初の優しさは続かないのは当たり前。
恋愛が進んだときこそ、一人遊びのできる、“男性に依存しない女性”になるチャンス。
恋愛にスイッチが入った女性にはなかなか出来ないことです。が、そんな女性なら、男性は離したくなくなり、重い腰をあげて結婚したくなるんです。

 

参考文献
「男を夢中にさせる恋愛のルール」沖川東横 中経出版

Photo by StephaniePetra

 


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…