気になる男性に「花火大会一緒に行かない?」と誘わせるコツ3つ

ジメジメとした梅雨もあと少し…! 本格的に夏が訪れる前に、海や山のレジャー、夏祭りや花火大会など、ワイワイ楽しい予定を立てたいものですよね。

「今年は気になるカレと一緒に過ごしたかったな…」

(出典:株式会社リンクバル)

諦めるのはまだ早い! 『恋学』が行ったインターネット調査「【男性限定】この夏、花火にいく予定はありますか?」では、「予定なし(27%)」「まだ未定(21%)」と、約2人に1人が“お誘い待ち”であることが明らかになりました。

「でも、自分から誘うなんて絶対ムリ!」

そんな乙女のために、今回は気になるオトコに「花火大会一緒に行かない?」と誘わせるコツを教えちゃいます!

1:「○○の花火大会、見てみたいな」

「行ってみたい」「見てみたい」など、オトコに誘ってもらえる環境を作ることはとっても大切! 意外と断られるのがイヤで、積極的にアプローチできない男性が多いんだとか。

「人混みは苦手なの…。どこかいい場所知らない?」なんてフレーズも効果的です。カレの住んでいる場所や職場の近くの花火大会を話題にしてみてはいかがですか?

2:「小さい頃から花火が好きなの」

とにかく花火に誘ってもらうには、カレに「花火好き」であることを知ってもらうのが1番。それもただ「好き」と口にするのではなく、「昔から」「小さい頃から」と可愛らしさをプラスするのがポイントです。

ただし、あまり積極的にアピールすると、「どうせ他のオトコと行くんでしょ?」と思われてしまうのでご注意を…!

3:「まだ今年1回も花火見てない…」

夏本番を迎えた頃に使えるのが、「まだ1回も花火見てないな…」というフレーズ。ちょっとうつむきながら、寂しそうにつぶやけば「週末に○○行こうか!」と誘われること間違いなしですよ。

あなたの気持ちにまだ気付いていない鈍感なカレに使ってみてくださいね。

あなたのアプローチが花火デートの鍵!

自分から誘うのは簡単ですが、やっぱり花火デートは男性から誘ってほしいもの。あなたの一押しで、カレに「一緒に行かない?」と言わせることができるかもしれませんよ。

 

【参照】
恋学アンケート
2015年7月7日現在

 

photo by MikeBehnken


この記事どうだった?

5いいね!

13うーん…