小さなキッカケを本気の恋に変える「とっておきのワザ」

自他ともに認める海好きの知人がいます。夏到来ともなると、ほぼ毎日のようにビーチへ繰り出す彼女の肌は琥珀色に日焼けし、いかにも「全身で夏を味わうイタリア女性」らしいもの。

夏に出会った素敵な男性との恋バナを聞いたのも、1回や2回ではありません。そんな彼女らしく、「海で出会った5歳年下のイケメンマッチョなライフセーバー氏と電撃結婚した」という話を聞いたときは「さすが!」と皆絶賛したものです。

夏の恋は熱しやすく冷めやすい、と言われるのはここイタリアでも同じです。しかしイタリアの人々を見ていると、小さなきっかけや気軽な出会いを次につなげていって、モノにするのが上手だなと思うこともしばしば。そんな彼らから学んだ、恋愛の芽をうまく育てていくコツをご紹介します。

1.ギャップを感じさせる
バカンスで行ったビーチでご主人と出会った知人がいます。「ヘンな出会い方だったわ。今でも思い出すと恥ずかしくて死にそう」と彼女はおかしそうになれそめを話してくれました。泳いでいる最中に水着がはずれてしまい困っていた彼女を、たまたまそばにいた彼が助けてくれたそう。
彼が持って来たビーチタオルで身体をおおってホテルに戻った彼女は「恥ばっかりかけない!」と気合いを入れてオシャレし、彼の滞在するホテルに挨拶へ行きました。

そのときご主人は「最初のきっかけはともかく、こんな美人をぼくは助けたのか、と思って舞い上がったよ」と即、彼女をディナーに誘い、意気投合。バカンスが終わってからも連絡を取り合い、彼女が住むローマへ彼が引越してきてからはいつも二人で過ごすようになりました。

2年ほどの交際をへて結婚した二人ですが、入籍した日は、二人がビーチで出会った日。「片方しかない水着は私の勇気の証だから、大事にとってあるわよ。あのとき、恥ずかしさに負けずにがんばって、本当によかったわ」と笑う彼女は、とても幸せそうでした。

2.アドバイザーになってみる
大学で化学を教えている知人女性がいます。彼女が15年来のパートナーと出会ったのは、夏の野外イベントだったとか。飲食ブースで彼と相席になったのが、そのきっかけでした。挨拶から始まった会話がすすむにつれ、お互いのプライベートを少しづつ話すようになったそうです。

「当時彼は、ある資格の国家試験を控えていたの。なかなか成績が上がらないとため息をついてたから、学習のコツをあれこれ話したわ」と語る彼女。「よかったら連絡先を交換してほしい」と彼がイベントの使用済みチケットに自分の電話番号を書いたとき、彼女はなんとなくひらめくものを感じました。

イベント後も連絡し合い、試験終了まで彼女は彼にアドバイスを続け、合格した後は晴れておつき合いをスタート。今は彼の専属アドバイザーのようなものだ…と、二人のラブラブっぷりを話してくれました。

3.携帯や電話を使わないでアプローチ
5歳年上の彼と、10年経ってもラブラブな知人女性がいます。東南アジアをバックパッカーとして旅していたときに、バンコクの路上で知り合ったそう。同じイタリア人同士と分かった後は連絡先を交換して別れました。

一人旅の最中も彼がなんとなく気になっていた彼女は、その後の滞在先から彼のミラノの住所宛てに絵はがきを送ったそうです。

「お互い携帯は持ってなかったし、メールはいつどこでチェックできるかわからない。絵はがきならだいたいどこでも売ってるし、母国の住所なら確実に届く。それに、あとで旅の思い出にもなるかなと思ったの」。

この方法が見事あたり、彼女が帰国してから二人はおつき合いを始めました。彼は「外国からの郵便だから、やっぱりインパクトがあった。かつて行ったことのある土地から来るはがきだから、旅の思い出もよみがえってきて嬉しかったよ」と語り、彼女から送られてきたハガキのコレクションを見せてくれました。

たとえ、最初の出会いがささいなきっかけであっても、その後でどう転がすかは自分次第です。少しの勇気を出すことが、ハッピーエンドをつかむコツ。夏の恋だから短くても仕方ない…と思わないで、まずは行動してみてくださいね!
(金丸 標)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…