マジメ女子ほど「ホンネと建前」が苦手!? 婚活と就活の類似点

「素直な女性がタイプ」という男性は多いもの。しかし、この場合の「素直」という意味を、そのまま字のごとく素直に受け止めてしまうのは危険です。男性が言う「素直な女子」というのは、強がらず、プライドが高くなく、いつも笑顔で男性を立ててくれる女子のことです。いわゆる、日本人が文化的な面で持ち合わせている「ホンネと建前」を理解した上で「素直」という言葉を受け取らねばなりません。

 

就活でつまずいた人は恋愛でもつまずく

就活でつまずいた経験のある人は、恋愛でもつまずいていませんか? 就活はいわば、企業と学生とのお見合いです。相手に対して自分をより良く見せる必要があります。就活においてもホンネと建前が重要です。働く目的は、自己実現や人の役に立ちたいなどあると思いますが、一番の目的は賃金を得ることです。しかし、就活の面接で志望動機を聞かれた際、「給料が良いので御社を選びました」と答える人はほとんどいないでしょう。

それと同じで、恋愛でも年齢詐称や学歴詐称といった明らかなウソはいけませんが、男性にとって自分が魅力的な女性に映るような盛り方はしたっていいんです。自分の魅力を最大限にアピールすることがモテへの道です。堂々としていれば、ちょっとした失敗も愛嬌として済ませられます。

第一印象=顔の造形のことではない!

就活の面接でも、男性との出会いにおいても第一印象が大事だと口酸っぱく言われていますよね。しかし、「私はブスだからダメだわ」と引き下がるのは違います。第一印象とは顔の造形のことではなく、身なりや清潔感のことです。張り切って気合いの入ったオシャレをするより、清潔感のある無難な格好が一番です。そして、そんな服装の最強のアクセサリーが笑顔! 美貌で男性を引き付けるより、いつもニコニコしていて親近感のある雰囲気の方が、内面を好きになってもらえます。

マジメ女子ほど「ホンネと建前」が苦手?

ここまで読むと分かるかもしれませんが、何事も真正面から捉えて突き進む、マジメ過ぎる女子ほど「ホンネと建前」が苦手な傾向にあります。たまには斜めや後ろからなど、別の視点から物事を見てみると、柔軟な思考に近づけます。また、自分のダメなところを悔やむより、少しでも自分の良いところを見つけて、自信をもって日々を過ごす方が、仕事もプライベートも恋愛もうまくいくはずですよ。

 

phot by. Danila Panfilov