「週末ひとり」で過ごす男性を初デートに誘う3つの基本テクニック

連絡先は交換したけれど、気になるカレとの距離がなかなか縮まらない。メールやLINEの反応もイマイチだし、週末の予定を聞くのはちょっと怖い…なんて頭を抱えている女性も多いのでは?

でも、そんなに臆病になる必要はありませんよ。『恋学』が男性を対象に行ったインターネット調査「週末の予定は?」では、なんと3人に1人(32%)が「ひとり…」で過ごしていることが明らかになったのです。

(出典:株式会社リンクバル)

そこで今回は、“週末ひとり”で過ごす男性を初デートに誘う方法をご紹介します。

1:電話もしくは直接デートに誘う

「直接誘われると、断りづらいよね。特に予定がなければ、とりあえずデートしてみるかも」(29歳・建築)

人間は自分に好意を持ってくれている異性に、なんとなく惹かれてしまうもの。男性も「デートしない?」と誘ってくれた女性に対して、よほど嫌いなタイプでない限り、一度は“恋”を意識するといいます。

特に電話や直接のお誘いには弱い男性が多いとか。まずはメールやLINEで「今からちょっと電話してもいい?」と送って、カレの反応を確かめてみてはいかがですか? すぐに「いいよ」と返事をもらえたら、高確率で“初デートOK”をもらえるはずですよ。

2:「デート」を意識させない

「『おいしいランチを見つけたんだけど…』って言われると、抵抗なく承諾しちゃう」(30歳・公務員)

一緒にランチをしたり、ショッピングをしたり、映画を観たり…。これは立派なデートコースですが、誘い方によっては男性に妙な“堅苦しさ”を感じさせてしまうことがあります。

「二人で行きたい」「○○君に会いたいだけ」「デートしよう」なんてフレーズは絶対ダメ! 「○○に行ってみない?」「友達の誕生日プレゼントを選ぶの付き合ってくれない?」と、デートであることを意識させないのが、初デートを成功させるポイントですよ。

3:日時は男性に決めさせる

「自分で日程を決めると、よほどのことがない限りキャンセルできない」(32歳・出版)

相手に決定権を委ねるのは、昔からビジネスシーンで使われている超基本テクニック。「自分が決めたから、キャンセルしづらい」という心理をうまくついているので、よほどのことがない限り断られることはありません。

いくつか候補日程を出したら、「○○君の都合に合わせるよ」と送ってみてはいかがですか?

正しいアプローチで初デート成功!

「週末ひとり」で過ごす男性を初デートに誘うには、3つのポイントを抑えることが大切です。あなたも気になるカレに正しいアプローチをして、素敵な恋愛をスタートしてみて!

 

【参照】
恋学アンケート
2015年7月14日現在

(取材協力)
20~30代の独身男性

 

photo by Bjorn Bechstein


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…