“恋は3年で冷める”説は本当だった! マンネリを乗り越えるために必要なこと

はじめは好きで付き合った者同士でも、次第に付き合いが長くなると、相手のイヤな面ばかり目につくようになりますよね。たとえば、相手のちょっとした仕草やクセ、言動がいちいち鼻についてしまって「どうして、私。こんな人のことが好きになったんだろう……」と、本来の相手の良さを見失ってしまうこともしばしばです。

はじめは好きで付き合った者同士でも、次第に付き合いが長くなると、相手のイヤな面ばかり目につくようになりますよね。たとえば、相手のちょっとした仕草やクセ、言動がいちいち鼻についてしまって「どうして、私。こんな人のことが好きになったんだろう……」と、本来の相手の良さを見失ってしまうこともしばしばです。

「俺がいまカノと付き合っていて辟易したのは、相手に女の意識がまるで感じられなくなったときですね」そう不満げに話すのは、付き合って3年の彼女を持つ筆者の知人男性M(27歳)です。俗に「恋は3年で冷める」といいますが、これはPEA(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモンが関係しているからというのは、おそらく誰かしら一度は耳にしたことがあるはず。

なんでもPEAは恋愛をし始めたころに分泌され、胸を高鳴らせたり、いわゆる恋煩いな状態を引き起こす原因にもなるのだとか。しかし、このPEAは相手と長く付き合っていると徐々に分泌量は減少していき、結果的に「好き」という気持ちを冷めさせてしまう由来ともいわれています。さらに、その脳内ホルモンが分泌する期間はおよそ3年とも……。

「俺の彼女も、付き合い出したころはそんなことなかったんですけど。だんだんと、俺と付き合うことに慣れてきちゃったんでしょうね。

デートの待ち合わせにも平気で遅れてくるし、メイクや服装もスッピン、普段着当たり前。それだけ、相手に気を許しているってことなんでしょうが……。いくら付き合いが長いとはいえ、だらしない女性はちょっとイヤですね」(Mさん)

どんなに相手のことを愛しているカップルでさえ、何年、何十年とずっと付き合い始めたころの“ときめき”や“ドキドキ”を維持させるのは、なかなかの至難の業ですよね……。Mさんも、彼女と付き合い始めたばかりのころは、周囲が羨むほど仲が良かったそうですが。年々付き合いを重ねるうちに相手のだらしなさが目について、ついには嫌気が差してしまったそうです。

「私も元カレと別れたのは、ちょうど3年くらい経ってからかな。相手のことが好きなうちは、彼のどんなことも素敵に見えるから恋って不思議ですよね。でも、そのうち彼の考え方に同意できないことが増えてきたり、しまいには食べ物の趣味まで『やっぱり、合わないかも……』と、ふたりの相性の良さに疑問を感じるようになってきちゃって……。始めは全然そんなこと、気にならなかったのにな」

そう語るのは、現在彼氏募集中の独身女性Sさん(28歳)。彼女も「恋は3年で冷める」説を実感しているようで、付き合い始めたときはまったく気にならなかった彼の趣味や価値観が、3年を過ぎたときから急に彼との相性を現実的に考えるようになったのだとか。

ですが、それは単に気持ちが冷めたというより、付き合っていくうちに彼との結婚を意識し出したから、とも捉えられると思うのですが……。

「それもあるんですけどね。なんていうか、彼のルックスや仕事に惚れ込んじゃったのがいけなかったのかな。友達に誘われて、たまたま一緒に飲んだんですが、それからよく連絡を取り合うようになって。話も弾むし、むこうも私に好意を寄せてくれていたので、正直悪い気はしませんでした。ただ、付き合うようになってから、彼の自分勝手な性格がやたら気になるようになったんですよね……」(Sさん)

付き合う相手に、どんなことを望むのかは人それぞれ。しかし、結婚も視野に入れるとなると、相手の性格や価値観の相性はどうしても避けられない条件ですよね。

また恋愛は3年で冷めるという説も、3年さえ乗り越えれば、4年目からはときめくような恋から安定した愛情に気持ちがシフトする、ともいいます。どうやら、これも脳内ホルモンの働きのひとつのようで、もしかしたらお互いの愛情が試されるのがその期間なのかもしれません。

筆者の知人男性Tさん(29歳)も、そんな3年間を乗り越えたひとり。結婚を意識し出したころは「本当にこのまま、こいつと付き合っていいのか?」と、ぼやくことも多かったようですが、どうやらここ最近は気持ちに変化が表れてきているようです。

「彼女のことは好きだったんですが、言葉遣いが汚かったり、酒癖の悪さがだんだん鼻につくようになってきました。付き合ったころは、あんなにかわいかったのに……。でも、仕事も忙しいみたいだし、あんまりムリに『もっと女性らしくしようよ』ともいえないんですよね。それに、多少男っぽくても仕事に精を出す彼女は、とても一生懸命で頼り甲斐もある。結婚したらいい嫁さんになりそうだなって、いまはプラスに考えるようにしています」(Tさん)

3年も付き合えば、大抵相手のことはわかるものです。はじめは一目惚れ、憧れで付き合っていた恋も、現実を目の当たりにして気持ちが冷めていくのはよくある話。

そうしたなかで「これは許せないな」「このくらいなら、まあいっか……」といった相手の良し悪しを判別していくうちに、別れるのか、そのまま付き合っていくのか、の結論が出るのかもしれません。

そしてこれらの意見は、どうやら男女共通のよう。現在の彼氏と付き合って4年目に入るKさん(30歳)も、一時は彼氏と付き合うことに疑問を抱いていたと話しますが、いまは「やっぱりこの人と付き合っていてよかった」と幸せを実感しています。

「若いうちなら、どんな恋愛も楽しめると思うんですよ。だけど年々歳を増していくと、女性はもちろん、男性も結婚を意識してくるでしょ? つまり、なり振り構って恋愛をすることができなくなってくるんですよね……。多少、相手にガマンならないことがあっても、それを注意して許していければ、それでいいのかなって。理想通りの完璧な人なんて、そうそういないと思うので、適度に割り切るのも大切ですよね」(Kさん)

どんな相手であれ、誰しも一度は恋人との関係を考えるもの。別れる、別れないほどの迷いはないにしろ「このまま、この人と付き合っていて良いのかな……?」と思ったとき、その事実をどう受け止めるかによって、その後のふたりの関係も大きく変わってきそうですね。

ウレぴあ総研の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…