モテる彼を他の女性に取られないための女子力UP法

モテる彼と付き合えた当初は恋人になれた喜びでいっぱいですが、時間が経つにつれ「他の女に取られないか?」という不安もでてきます。
他の女性に盗られたくないからと彼を束縛をしてしまえば、彼はうんざりして離れていくでしょう。少しの束縛が心地良く感じるのは、交際当初だけです。
ではどうすればいいか?
あなたが彼にしがみつくのではなく、彼があなたから離れられないようにすればいいのです。

では具体的に束縛をせず、どのようにすれば彼の心を離さずにいられるのでしょうか?

女を磨く努力

付き合ってある程度時間が経つと、安心からか、女磨きを忘れる女性がいますが、怠けることなく一生磨き続けてほしいです。
彼だって自分と付き合って全く努力しなくなった女性など、はじめはいいかもしれませんが、時間が経てば嫌気がさしてくるでしょう。
ストイックに磨く必要はありませんから、コツコツ自分のペースで磨きましょうね。
彼女にずっと『女性』であってほしいと願うのもまた男性なのです。

誰よりも彼を受け入れることができる

「俺はこう思うんだ」と言う彼の思想に対し「うん。そういう考えも素敵だと思う」と彼の意見を否定しない女性や、
「○○君のおかげだよ」とか「さすが○○君だね!」と彼の存在意義を生み出し、自尊心を満たしてあげられる女性に対し、『俺の彼女ってやっぱり最高!』と彼に優越感を与えることができる女性は彼の心を惹きつけて離さないでしょう。

あなたが大きな心で彼を受け入れてあげれば、彼もあなたの事を受け入れてくれます。まず自分が相手を受け入れる姿勢が大事です。

感謝の気持ちを忘れない

彼に何かしてもらった際、言葉で「ありがとう」とだけ伝えるのもいいかもしれませんが、
あなたがどこかに出かけたついでに彼に似合うハンカチを購入して、
「この前出かけた時に○○君に似合うと思って買ってみたの」と恩着せがましくない程度にお礼をするのもいいのではないでしょうか?

小さなことでもちゃんとお礼ができる女性には、彼だってまた何かしてあげたいと思うでしょう。

薬を常備

弱っている時に彼女に看病をされて惚れなおした男性は多いはず。
もし彼が風邪を引いたとき、二日酔いで体調が良くないとき、看病をして彼の辛い気分を和らげられる女性になりましょう。

彼の体調がよくない時、その場でサッと薬が出せる女性は少ないのです。ですので、風邪薬、胃腸薬、頭痛薬、絆創膏などを常備しておくと、いざという時に便利です。
彼だけの為ではなく、周りで困っている人がいた場合にも差し出してあげられるので、一回分ずつポーチに入れておくといいでしょう。
弱った時に傍で看病してくれる女性を彼だってそう簡単に手放したりしません。

甘えるときはしっかり甘える

恥ずかしがってあまり甘えない女性もいますが、彼と二人きりならおもいっきり甘えても彼だって嫌がらないですよ。
また触れ合うことでオキシトシンというホルモンが分泌されるそうです、オキシトシンは浮気防止にもいいと言われています。積極的に触れ合いましょう。

彼にうまく甘えられない、彼が甘えて来てくれないのは、何故か自分ではなく彼のせいと不満を募らせて彼に不機嫌な気持ちをぶつけてしまう女性もチラホラ……。
そうならない為にも、誰よりも彼に素直に甘えられる女性でいて下さい。彼も甘えられたら嬉しいはずですよ。

おわりに

いかがですか。
他の女性に言い寄られたとしても、あなたが彼の中でナンバーワンなら彼はあなたを絶対手放さないでしょう。
あなたが彼の中のナンバーワンになれば、今度は彼が『他の男性に盗られないか……?』と不安になります。
自分を一番大事に思ってくれる女性を、他の男に取られたくないはずです。

 

Photo by itsdannie.


この記事どうだった?

6いいね!

0うーん…