親の条件にしばられてない? 彼への気持ちに自信がない人へ

常日頃、親から「結婚するならお医者さんや公務員とかの、お堅い仕事の人がいいわよ」

「結婚を考えるなら、彼のご実家はどんなお仕事しているのか確認しないとね」などと「条件のいい男性と早く結婚しなさい」という有形無形のプレッシャーを与えられているのに、なぜか好きになる人は真逆の人ばかり。

彼を親に紹介したいけれど、おつきあいを反対されるのは目に見えている。でも彼のことはすごく好きで真剣に結婚したいと思っている。自分の気持ちと親の考え、どちらを信じればいいんだろう…。

ご両親がとても努力をなさって、社会的にも経済的にも成功をおさめたという場合、子どもにも同じ道のレールに乗っていってほしい、自分達の成功体験を引き継いでいってほしいと強く思うあまり、親の価値観を押し付けてしまうケースが多いようです。

わが子が幸せな人生を送れるようにと願う親ごごろとしては理解できますが、子どもの人生は子どものもの。必ずしも親の気に入る相手を好きになるとは限りませんよね。

もしあなたがそんな状況であったとしたら…自分の気持ちと親の考え、どちらをとるべきでしょうか。

私が知る範囲での話ですが、学歴や職業、収入など条件面ではあまり結婚に向いていない男性とおつきあいをしている女性には、ご実家が裕福な方が多いように思います。

ご実家が経済的にバックアップできるから条件面はこだわらないのだろうという見方もできますが、実は女性が「裕福な親への反発心」からあえてそういった男性を選んでいるケースも結構見受けられます。

そのようなケースでは、親が「自分のような人生を娘にも歩ませたい」と考え、小さいころから「お金持ちと結婚しなさい」などと言い聞かせていたり、「条件のいい男性」と釣り合う女性に育てようと、色々なおけいこ事をさせたりと、子どもを自分の思い通りに育てようと必要以上に管理してしまう傾向があります。

しかし、子どもは大きくなるにつれ自我が芽生えますので、いつかその厳しさに息苦しさを覚え「親の言うことは本当に正しいのか」と疑問を持ち始めます。

そして外の世界に目を向けたとき、そういった価値観に縛られずに生きている男性に惹かれるのです。

もしあなたが親に反対されるだろうと思われる男性とつきあっているなら、「私は彼という人間が好きなのか、親の価値観とは対極にいる人だから好きなのか」を冷静に考えてみてください。

もし後者だったら、彼と本当に結婚して生活していきたいのかを時間をかけて確認しましょう。

そして、前者だとして、彼が「現在の条件では親の価値観に合っていない」だけならば、思い切って両親に紹介してみましょう。

もし彼が、たとえ今はフリーターであっても将来起業したいなどの夢を持っており、成功できるパワーを持っているなら、あなたのご両親に気に入ってもらえるぐらいの人間的な魅力があるはずです。

また、ご両親を納得させられる人生プランを堂々と話せるはずです。逆にそれができないなら、彼にもっと大きな成功を望むことは難しいということです。

彼がただの夢追い人なのか、大きな可能性を秘めた人なのかはご両親がそのリトマス試験紙になりえるでしょう。

あなたが本当に彼を好きなのか、それとも親への反発心から彼を選んでいるのか。親に会わせるかを悩む前に、まずはご自身の心に問いかけてみてください。
(佐藤栄子)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…