どうすりゃいいの!? 男子ドン引きの「雨の日のデート」4パターン

関東地方では梅雨が明け暑さも本番になってきましたが、夏は夕立が起きやすいもの。今回は、雨ふりの日はおうちデートをしたほうがいいのではないか? ということについてお届けしたいと思います。

デートどこに行く? ……どこでもいい……と言っている男子であっても、腹の中では「雨の日に外出ってのはイヤなんだよね」と思っていたりします。

男子は雨の日のどんなデートにドン引きするのでしょうか。

さっそくご紹介しましょう。

1:雨の中、あじさいを見に行く

「あじさいで有名なお寺に雨の日にデートに行きたがっていた彼女。一緒に行きましたが、人は多いし、傘をさしてすれ違うのはめんどくさいし、お寺の近所のカフェはどこも満席だし、もう最悪でした」(24歳・IT)

雨の日にあじさいを見に行くというのは、どことなく高尚にしてロマンティックですが、男子的にはイヤみたいですね……。

2:駅から遠い各種「こだわりの店」

「雑誌に出ていた、こだわりの店に行くと彼女が言い出して、雨の中、行きました。駅から30分くらい雨の中を歩いたと思います。最悪でした」(27歳・コンサル)

晴れてりゃ、暑いと文句を言い、雨の日は雨ふりでイヤだと言い……いったい、いつ「こだわりの店」に行けばいいのでしょ~か!?

だいたい食に興味のない男子は、晴れていようと雨がふっていようと文句を言うように思います。そこまでして食いたくないってことでしょう。

3:高速道路をかっ飛ばしての遠出

「雨の日に遠出をすることになって、高速道路を使ったんですが、視界が悪いし、スリップしそうになるし、もう最悪でした」(27歳・建築)

ふだん運転をしない女子はわからないかもしれませんが、雨の日の高速道路には危険がいっぱいあるので、雨の高速を嫌がる男子もいます。

4:微妙に遠い近所の居酒屋デート

「雨ふりだったので、遠出しないで近所の居酒屋に彼女と行くことにしました。歩いて5分くらいなんですが、やたら遠い感じがして、彼女に『近所ゆうてたやんけ!』とブチギレてしまいました」(24歳・飲食)

雨の日の100メートルって、晴れの日の倍くらいに感じたりもしますよね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

というわけで、雨ふりの日は、カップルでおとなしくおうちデートってことでいかがでしょうか。

どうせ夏はイベント盛りだくさんで、あちこちに出かけて散財することになるわけですから、雨ふりの日はおうちでしっぽりとお楽しみくださいと神様が言っているということです。

 

Photo by c0reyann


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…