復縁希望者がしてはいけない4つのタブー

大好きな彼にフラれ、悲しみに明け暮れ、食事も喉を通らない……。
『やっぱりもう一度彼とやり直したい……』と願った事は誰しも一度はあるのではないしょうか?
ですが、復縁したいからと「好き」だの「もう一度やり直したい」だの「悪いところは全部なおす」だの
別れた直後に彼に畳み掛けるように言っても彼は聞く耳を持ってくれないでしょう。

復縁をしたい場合、タブーを犯してしまうと復縁がしづらくなります。
では復縁希望者がしてはいけないタブーとはなんでしょうか?

しつこい連絡

彼と早くよりを戻したいからと言って別れた直後から彼にひつこく連絡をするのはタブーです。
そのようなことをすると彼に着信拒否をされたり、LINEをブロックされてしまう可能性もあります。
彼との連絡ツールがなくなると復縁が困難になります。
連絡したい気持ちはわかりますが、彼の記憶の中であなたに対する嫌な部分が浄化され無い限りあなたから連絡が来ても彼は向き合ってくれないでしょう。
失恋後、あなたが一番初めにしなければいけないことは一旦彼から離れる事です。

SNSで行動をチェック

『新しい女の子の友達が増えているけど、彼とはどんな関係なのかな?』『この飲み会は会社の人と? それとも合コン?』
なんてネットストーカーのようなことはやめましょう。
また彼のタイムラインにタグ付けされている人を逐一チェックしては一人悶々と悩むのも良くないです。
あなたがどんなにヤキモチを焼いても彼からしたらあなたはもう他人なので、そんなの知ったことではないのです。
彼の事を忘れるのは難しいとは思いますが、自ら彼を思い出す行動はしない方がいいでしょう。

周りの友達に彼の今を聞きまわる

共通の友達や同僚に彼の現状を聞きまわるのはやめましょう。あまり聞きまわると周りの人からはその行動が病的に見え、あなたの味方をしてくれるはずだった人も彼の味方になりかねません。
『○○君、あそこまで執着する子と別れて正解だったのかもね……』と思われてしまっては切ないですよね。

また聞きまわってることが彼の耳に入り彼に気持ち悪がられれば、復縁からも遠ざかります。
失恋直後、悲壮感や焦燥感から奇行を起こしてしまう女性もいますが、いつも自分を客観的に見るようにしましょう。

妄想

失恋直後はネガティブ妄想をしがちでしょうが、妄想をしたところで何も変わりません。心が苦しくなるだけです。
『もう彼に新しい恋人ができてしまったのかもしれない…どうしよう…』『私の事なんかきっと忘れてしまったんだろうな……』
と妄想するくらいなら、どこかでばったり彼と遭遇するかもしれない日の為に、以前の自分と変わった自分をアピールできるよう自分磨きに勤しんでください。
いつまでもズルズルと彼を思っていても、その念は彼に届かないです。
変な妄想で胸を締め付けないようにしてください。

おわりに

いかがですか。
時間が経てば彼から連絡が来る場合もあります。その場合、大抵『元気?』という軽い文が多いでしょう。
でもそれは本当にあなたの健康を気遣っているよりも『まだ俺の手の届く範囲にいる?』という意味合いの方が強いです。

あなたとやり直したいから連絡をしてくる場合と、もう一度抱きたいが為に連絡をしてくる場合とがあります。
恋愛感情が無くても女性を抱ける男性はいます。よりを戻したいからと、既に冷めきっている彼の都合のいい女にならないように気を付けて下さいね。

復縁の際は以前の自分とい今の自分の差をみせることが大事になります。
以前より素敵な女性になっていたら彼もドキドキするでしょう。頑張って下さいね。

Photo by lucy maude


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…