今がチャンス! ホントに結婚したいのかわからなくなったあなたへ

「知ってた?○○結婚するんだって!」何度となく聞いた、友達が結婚する話。「へえ~そうなんだ。お相手はどんな人なんだろうね?」と返事しながら、ふと「アレ? 私、あんまり結婚に興味なくなっているかも…」と思ったことありませんか?

以前は早く結婚したくて合コンにも積極的に行っていたし、友達が結婚すると聞けば内心すごく焦りを感じていたりもした。

でも最近は仕事が忙しくなり合コンに行くヒマもなく、しかも結婚した友達から聞くのはダンナ様の不満や生活面での愚痴が多い…結婚したくないわけではないけれど、なんだか結婚することの意味や意義がわからなくなってきた…という気持ちになること、特にアラサー女子には多いのではと思います。

「そんな気持ちになったら余計結婚できなくなるじゃない! どうしよう」と恐れることはありません。じつは、結婚に対して「無」の状態である、そういう時こそ自分にとってのベストパートナーと巡り会いやすいのです。

まだ人生経験の浅い若い女性が「結婚したい」と思う時は、少なからずその思いに「他人の目」が反映されていることが多いものです。

「親が早く結婚しろというし」
「友達がみんな結婚して私だけ残ったら寂しいしカッコ悪いし」
「ある程度の年齢になったら、結婚している人のほうが多いし」
「いつまでも一人でいたら、何か性格に問題ありそうだと思われそうだし」
「素敵な男性と結婚してみんなから羨ましがられたいし」

…などなど、「結婚したほうが周りからの自分の評価(価値)が高くなるのだろう」という期待があるのですよね。

すると「より自分の評価を上げるだろう結婚をしよう」「結婚すれば自分の生活すべてが好転するはずだ」と考えるようになってしまいます。

だから友達などの結婚については敏感になり、どんな人とどこで出会って結婚したのか、結婚後の生活はどうかなどがとても気になり、焦ったり、その人を羨んだりします。

ついでに、頑張っているのになかなかいい出会いに恵まれない自分に失望したりもします。

しかし、その後色々な人生経験を積み、すでに結婚した人達の(大方は愚痴や不満の)話を聞くにつれ、「結婚自体がすべてをバラ色に染めるわけではない」ことに気づいていくのです。

誰しも今より幸せになりたくて結婚するはずです。しかし、「結婚」そのものが人を幸せにしてくれるわけではない。もともと自分で自分を幸せにできる人が結婚するから、より幸せになるのです。

そして、自分で自分を幸せにできる人とは「他人の目に映る自分を必要以上に気にしていない」でしょう。

このように「結婚」を「他人の目にどう映るのか」として見ていたものが、自分の目線でとらえられるようになると焦りや憧れが消えます。結婚してもしなくても「自分」に変わりはないと理解できるからです。

そして、そのような状態のときこそ「本当に自分が求めている生き方」に気づき、他人とそれを比べる必要もないので肩の力が抜けます。

するとなぜか、自分の生き方に共感してくれる男性を見分けることができるようになるのです。生き方が共感できる男性とは、無理しなくても自然とお互いの距離が縮まりますので、結婚に結びつきやすくなります。

「結婚のロマンチックな幸福をあきらめると、結婚は幸福になる」

かの英国の哲学者、バートランド・ラッセルはこのように言っています。結婚や男性に対する過大な期待は確かにロマンチックですよね。

でも、価値ある結婚とは、ある意味夢や期待がないかわりに、相手への深い信頼と絆があるのだと感じます。結婚に焦りがなくなった今こそ、出会いのチャンスがあるかもしれませんよ!
(佐藤栄子)

Woman.exciteの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…