夏バテ、恋バテ、恋愛熱中症・・・夏は危険がいっぱい

いよいよセミの声も大きく聞こえる夏がやってきました。
毎日暑い日が続きますが、体調に気をつけながら恋愛スキルを高めて参りましょう。
夏はエネルギーがどんどん消費されますので、ガス欠にならないようなヒントを今回はお伝えしたいと思います。
今回もお釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

夏は危険がいっぱい

真夏の日差しの中スマホをいじる、、、これは時間がもったいないので、どこかにでかけたいですよね。たくさんのデートプランを立てている方はもちろん、せっかくだから夏休みを取って遠出しようという方も多いのではないでしょうか。
そんな夏ですが、油断すると体力・気力ともに尽きてしまい、不完全燃焼になってしまうことがあります

gatag-00008519

 

夏バテ、恋バテ、恋愛熱中症

輝く日差しと綺麗な砂浜、周りは緑でいっぱい、、、なんて素晴らしいデートなんでしょう。あなたの心は最高潮を迎えるかもしれません。
そんな時に、身体がだるくなってしまう夏バテ、暑さでせっかく燃える勢いで恋をしようと思っていたけど「暑いからやっぱり今年はいいや」といったようにモチベーションが減退してしまう恋バテ、逆に素敵な景色で勢いづいてしまって誰でも格好良く見えてしまう恋愛熱中症、、、。
これらの夏の危険と上手く付き合っていかないと、気づいたら夏が終わってしまう、そんな残念な結果になってしまいます。

gatag-00008966 (1)

ペースを乱さないための3つのヒント

せっかくの夏を楽しむために大切なヒントを3つお伝えしたいと思います。

1.適度に休憩を計画に盛り込む
⇒夏バテは日々のメンテももちろん大切ですが、実はデートの最中に気持ちがヒートアップしてしまい、恋愛バテとあいまって一気に体力と気力が減ってしまうことが良くあります。事前にデートコースを訪れて心に余裕をもったり、適度にカフェで水分補給をしながら身体と心にエネルギーを充電したりすることで、かなり防げます。

2.スマホにメモる
⇒スマートフォンを持たないデートもとても良いとは思いますが、ほとんどの方は緊急の場合なども想定して持参されると思います。せっかく持っているので、このスマホを「心を落ち着かせる」ツールとして活用しましょう。
あなたが求める恋、デートでの成果、彼の見極めたい点、彼とどういう時間を過ごしたいのかなどスマホにメモを貼っていつでも見れるようにしてから出かけましょう。そうすれば、ナンパや一夏の出会いに大きく振り回されることもなく、あくまであなた自身の決断で楽しむことができるようになっていきます。恋愛熱中症に効く恋の熱冷まシートとしてスマホを活用するようにしましょう。

3.ワンポイントの水筒を持参
ベタですが水分補給をマメにしましょう。しかも、ただペットボトルの水で自分だけ補給するというのではなく、相手にもしっかり配慮しましょう。かわいらしい自分の水筒から彼にも水を分け与え、2人の絆を深めつつ夏バテを防止する、そんなあなたの優しさが伝わるように振る舞いましょう。彼とあなたの心がしっかりリンクするように。

gatag-00008365

夏は危険がいっぱいですが、それさえも味方にする、それが釈迦女子です。
それでは、暑さに負けず、夏をEnjoyしていきましょう☆

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

Photo from gatag


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…