オトコ友達の「本命彼女候補」になれるLINE告白テクニック4つ

いつも一緒にいるのに、なぜか恋人関係になることのない男友達。今さら「何もない」と思っていたけど、二人っきりでいると妙にドキドキする…。

「これってもしかしたら恋なのかも!?」

そこで今回は、『恋学』が行ったインターネット調査「どんなふうに告白されたい?」を参考に、気になるオトコ友達の「本命彼女候補」になれちゃう告白の方法を徹底リサーチ!

(出典:株式会社リンクバル)

「直接会って(48%)」に続いて多かった、「遊んでいるときにさりげなく(18%)」「メールで(16%)」や、LINEで使える基本テクニックをご紹介します。

1:仕事終わりの時間帯を狙う

告白したら、できるだけ早く返事をもらいたいもの。でも、早朝や深夜に「実は…」なんてメッセージを送っても、スルーされて放置されるのがオチですよ。仕事終わりや休日の夕方など、男性がゆっくりメッセージを確認できる時間帯を狙って、成功率アップしてみてはいかがですか?

2:スタンプで本文を隠す

既読スルーと同じくらいダメージがあるのが“未読スルー”。通知読みで放置されないためには、最初にスタンプを使うのがイイんだとか。いつもの癖でスタンプを最後に使っていた方は、大事な告白のときに実践してみてくださいね。

3:あえて敬語を使う

どんなに仲の良いオトコ友達だからといって、「私と付き合ってみない?」なんて軽いノリで告白したらダメ。冗談だと思われて、軽くスルーされてしまいますよ。あなたの本気度を伝えるなら、「好きです。付き合ってください」「ずっと一緒にいてください」など、敬語を使ってちょっとお堅い告白を心がけてみて!

4:前置きを忘れない

一緒にいる時間が長くなると、相手の呼吸がなんとなく掴めるようになりますよね。メールやLINEでも同じです。突然「付き合ってください」とメッセージを送るよりも、「仕事お疲れさま」「暑かったけど、体調大丈夫?」など、相手を気遣う言葉でワンクッション置くと、お互いに落ち着いてトークできますよ。

おわりに

どうしても直接告白するのは恥ずかしい。でも、オトコ友達が他の女性に取られるのは絶対に見たくない…。そんなときは、4つのLINE告白テクニックで、気になるカレの「本命彼女候補」を狙ってみてはいかがですか?

【参照】
恋学アンケート
2015年7月24日現在

 

photo by Skley


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…