愛され下手な女性がやってしまいがちな恋の失敗~私はこれで恋のチャンスを逃しました~

どうしてこんなに愛される事が下手なんだろう。
どうしてこんなに素直になれないんだろう。                               
そんな事を思った事はありませんか?
せっかく好きになった人なのに、結果はいつも空振り。
何がいけなかったんだろう、なんでいつもうまくいかないんだろう。
そんな愛され下手な女性達に捧げます!!
愛され下手な女性がやってしまいがちな恋の失敗!!

「私には釣り合わない」と卑下してしまい諦めてしまう

愛され下手の女性に多いのが自分を過小評価しているという点です。
「自分なんて」とか「どうせ」とか、そういう言葉をよく発したりしていませんか?
それが原因で、せっかく好きな人が出来ても「私には釣り合わない」と諦めてしまうのです。

ですが、それではもったいない! せっかく好きになった相手です。そんなに簡単に諦めないで。
素敵な男性であればあるほど、その人に釣り合う様に美しくなれば良いのです。
今よりももっと自分を磨くことによって自信がつきます。
「自分なんて」の日々には今すぐさよならを。

色々考えすぎて一向にコマを進められない

好きになって仲も深まって来ると、だんだん色々な事が不安になってきます。
「彼は私を好きだろうか? 」とか「ご飯に誘って断られたらどうしよう」とか「迷惑だとおもわれたらどうしよう」とか「今忙しいかも」とか。
そういう事を考えすぎてしまうとなかなかコマを進める事が出来ません。というか、大抵予測してもしょうがない事、つまり予測出来ない事の中で女性は不安になるもの。予測してもしょうがない事は考えてもしょうがない事なのです(笑)
今すぐ考え癖を捨てて。迷ったら「自分がどうしたいか」をまず自分の心に聞いてみましょう。

もらえたポジティブな言葉でもネガティブに変換してしまう

せっかく彼が嬉しい事を言ってくれても、すぐにネガティブ変換してしまう……。
好きになればなるほど、その言葉の裏を疑ってしまう……。その気持ちは分かります!

しかし! 少しは自分に自信を持って、そして彼を信じてあげましょう。
あなたが好きになった人は嘘をつく様な人なのでしょうか?
もらった嬉しい言葉は素直に喜んだ方が可愛いですよ。

無理して偽った自分を出してしまい苦しくなってしまう

彼に好かれようと意識しすぎて本当の自分を隠してしまうことがあります。
しかし、最初は少しだけで良かった偽りも、その偽りを隠す為にまた偽ってさらにそれを隠す為にまた偽る。そう、偽りの自分でいる事はどんどん自分自身を苦しめていく事に繋がります。
結果、自分がしんどくなって諦めるか、あるいはどこかでボロが出て彼に嫌われるか。
ですからやめましょう。最初から本来の自分で彼にぶつかっていきましょう。

自分の理想と比較して相手の本質を見ようとしていない

30歳を過ぎると、理想の結婚相手象がそれまでよりも色濃くなります。収入、職種、性格、相性、色んな要素がありますが、そういったものに振り回されると相手の本質が見えなくなります。

カテゴリに当てはまらなかったら切り捨てる、そういった恋愛を繰り返しているとあっという間に時間は経ってしまいますよ。相手の本質を見ましょう。例え、理想のカテゴリに当てはまらなくてもその時少しでも心が動いた相手ならば、その都度自分の許容範囲を広げていく事をお勧めします。

今回のまとめ

過去の恋愛経験、あるいは周囲のプレッシャー。
歳を重ねるごとに増えていく色んな要素が、「純粋に人を好きになる」という気持ちをどんどんねじ曲げていってしまいます。

過去に捕われすぎたり、先の事を考えすぎて今を愛せていない女性は多く、そう言った女性は恋愛下手です。
未来は今の積み重ね。理想に縛られすぎず今にもっとフォーカスしてみましょう。
そして、好きになった相手であれば、ありのままの自分で素直な心で向き合いましょう。ネガティブは何も産みません。
出会いは全てチャンス。前向きに!

 

Photo by Jitin Hirani


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…