新型オネエに学ぶ! 「イイ男」をつかまえる秘訣

最近は、オネエ芸能人をテレビで見ない日はないくらいですが、中でも『ニューキャマタン』を自称するGENKINGさんは、注目度も人気度もうなぎのぼり! 外見の美しさや独特の個性についてはもちろん、ゲイだけどノンケのイイ男に気に入られることが多い、という点がオンナとしては注目せずにはいられないところです。

ぶっちゃけ、筆者は「今やオンナは女装するオトコにも負けるのか!」と、思っちゃいました。しかし、彼の容姿や言動をじっくり見ていると、ノンケの素敵男子にモテるのも何だか頷けてしまいます。ゲイじゃなくても好きにさせるほどのものを持っているんでしょう。

今回は、そんなGENKINGさんの魅力から、イイ男を彼氏にする秘訣を学びたいと思います。

キレイでいることは、最低かつ必須条件!

GENKINGさんに限らず、オネエの方は美に強いこだわりを持っていて、女性よりもキレイでいたい願望が高いです。また、年を重ねても若くありたい気持ちがすさまじいというか、執念とでもいうのか、肌や髪の毛のケアをとても丁寧に行っている方が多く、私たち女性もその姿勢は見習うべきでしょう。

キレイでいるのは当たり前と考えて、自分に合ったファッションやメイク、髪型を研究することが大事です。特にアラサー女性はお肌の曲がり角を迎えますので、小手先の化粧でどうにかごまかそうとは考えないように。根本的なところから、丁寧な素肌ケアを始めると良いでしょう。

美しさを追求しないで、「彼氏がほしい」なんて語るべきではありません。

オトコを手のひらで遊ばせるくらいの余裕を持つ

GENKINGさん流の浮気の見抜き方は、ニコニコしながら彼に、「なんか良いことあった?」と聞くんだそうです。そこで、「いや、特に何もないよ」と答えれば浮気している。「そうそう、今日友達がね……」などと具体的な話をし始めたら浮気していない、のだとか。

多くの女性はピンと来たら、すぐに問い詰めたり、携帯電話を覗き見して隠しきれないほどの怒りを覚えたりするんじゃないでしょうか? ニコニコしながら「なんか良いことあった?」なんて、器用な探りを入れることができる人は少ないはずです。

GENKINGさんいわく「モテないオトコはいらない。浮気できるくらいモテる男が好き」。怪しいと思ってもむやみに騒がず、しばらくは泳がせるくらいの余裕を持った方が良さそうです。

また、浮気に限らず、何でも大らかに捉えて、オトコを手のひらで転がすくらいのスタンスが重要。どっしりと構えるだけの度胸と達観した視点があれば、イイ男が自然と寄ってくるはずです。雑魚レベルは逆に、近づきがたい、自分とは釣り合わないと感じるでしょう。

オトコに頼らない

GENKINGさんは8年主婦をしていたと言っていますが、ただ家にいて家事だけしていたのではなく、美容クリニックでお勤め(本人曰く、OLさん)していたそうです。また、もともとファッションに興味があり、自分の店を持ちたいという夢があって(現在はご自身のアパレルブランドをお持ちです)、趣味や交友関係も充実していたようです。

つまり、彼だけにのめり込んでいたわけではないということ。

自分の世界が確立していて、自分の仕事にポリシーを持っている女性は、男性の目に「輝いている、自分というものがしっかりとある」と、魅力的に映ります。特に結婚を見据えたなら、何もかも旦那さんに頼りっぱなしという妻像が想像できる女性は、お相手として選ばれません。

とはいっても、男勝りで強いオンナが好かれるわけではないのです。かわいく寄りかかるフリは見せても、リアルでは一人の人間として自立している。あるいは精神的に男性へ依存しない。そんな女性こそが、本当にモテて「イイ男」をつかまえられるのでしょう。

 

Photo by. Purple Sherbet Photography