アラサー男性が口に出さないエッチの本音「実はこんな悩みがあるんです」

女性からすれば、男性はいつもエッチに対してやる気マンマン! と感じるかもしれませんが、それも20代に限るようです。三十路を越えれば、あれやこれやと気になることが出てきて、無邪気にセックスを楽しめる男性はあまり多くないでしょう。女性だって、おなか周りにお肉がついて痩せにくくなったとか、肌の張りがなくなったなど、加齢と共に悩みを抱えるようになるはず。

ただ、男性はエッチをする上でリード役を担うことが多いだけに、女性のように「自分が相手の目にどう映るか?」という外見についての悩みはあまりありません。淡々とセックスを楽しんでいるように見えて、実はヒヤヒヤ……気にしているところがあるのです。

お酒によるダメージが大きくなる

20代の頃は飲んで彼女としても大して問題はなく、むしろ酔って開放的になるから気持ち良かったのに、30代になったら勃起はするもののイケなくなった。そんな男性が全体の7割を越えているそうです。

セックスにお酒はつきものとはいいませんが、食事をして少しお酒を飲んだ後でホテルなどへ向かうケースはとても多く、女性はアルコールによってガードが緩くなる傾向もあるだけに、やはり密なつながりがあるでしょう。けれどそれが、男性にとっては天国と地獄を分けるカギとなってしまうのです。

特に、もともとお酒に弱いタイプはダメージが大きいようで、下半身の勃ちが悪くなるだけでなく、眠気が襲ってセックスする気が失せてしまう人が少なくありません。

筆者の友人男性は、イイ感じの女性とホテルに入って、ベッドの中でシャワー待ちをしている間に熟睡し、朝まで起きなかったのだとか。相手の女性はヤル気マンマン、付き合うつもりだったそうですが、二人が恋人同士になることはありませんでした……。

中折れしてしまう

射精したくないわけでもないのに、途中で息子さんがやる気をなくしてしまうという男性は、アンケートによると全体の6割を越えていました。

しかも、下半身が萎えることで気持ちが焦り、精神的なプレッシャーがかかってさらに萎える……という悪循環が起こるそうです。一度中折れを経験すると、「またダメなんじゃないか」と気になって、セックスに対する苦手意識を持つようになる男性も少なくありません。

「ゴムをつけるとダメ。感度が悪くなって、射精できない」(37歳・会社員男性)

「女性をイカせてから自分が射精しようとすると、持たなくなる」(36歳・自動車製造)

感度が悪くなるから、イケなくなるからと、コンドームをつけないのは問題ですが、挿入時まで男性の下半身が持たないのも問題。中途半端に性欲を刺激された状態でほうっておかれるのもイヤですし、中折れして気まずい空気が漂うのも避けたいものです。

我慢できない。すぐイッちゃう

「30歳を過ぎてから、とたんに持続力が衰えた」(30歳・営業男性)

「長く持たないから、できるだけ早く終わらせたい」(35歳・販売男性)

勃起した状態を長く維持できることが、若さと必ずしも比例するわけではないでしょうが、年齢を重ねるにつれて持続力が落ちる傾向は否めないようです。また、下半身が我慢できないだけでなく、体力がそもそも衰えて「長時間のセックスはキツイ」という人もいました。ただ、加齢に伴い性欲が減った同世代女性にとっては、そんな男性もちょうど良いかもしれません。

自信をなくしてしまう

具体的に何がというわけでなく、勃起状態や体力、外見の変化などによって、30歳を越えると自信をなくしてしまう人が非常に多いといえます。三十路を越えた男性に、悩みなんてないという人はいません。誰であっても、何かしら気にするポイントがあるようです。

勃ち具合が悪かったり、中折れしてしまったり、早くイッちゃったり。あるいは、中年太りでおなかが出るとか、どんどん毛が抜けてハゲてくるなど、男性の自信を削ぐものは一つじゃありません。

でも、理由が何であれ、「女性から冷ややかな態度を示されるとつらい」と回答する男性が6割以上いて、それこそが一番の悩みになっていそうです。

加齢と共に悩みが増えるのは男も女も一緒。気になるところがあっても、厳しく指摘せず、あたたかな目で見守ってあげるべきでしょう。そうすれば、アラサー男性と気持ち良いセックスが楽しめるはずです。

 

参考:メディアパーク調べ「30代男性のSEXの密かな悩み」

 

Photo by. Ivan McClellan Photography

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

16いいね!

1うーん…