1,053人の男女に聞きました!ズバリ相手のどこを好きになりますか?

恋するきっかけは人によって様々です。特に男女では、恋に落ちるポイントが違うと言われています。そこで恋学では、男女1,053人にアンケートを行い、男女でどのように違うのか比較してみました!

女性が恋に落ちるポイントとは?

女性493人に「相手のどこで好きになる?」と質問を行ったところ、最も多い回答は、「性格」で33%でした。次に多いのは、「顔」で17%、「セックスの相性」が15%、「会話・メール」が14%と続きました。

女 1053人の男女に聞きました!ズバリ相手のどこで好きになりますか?

男性が恋に落ちるポイントとは?

続いて、男性560人に「相手のどこで好きになる?」と質問を行ったところ、最も多い回答は、「性格」で32%でした。次に多いのは、「顔」で22%、「セックスの相性」が14%、「会話・メール」が12%と続きました。

男性 1053人の男女に聞きました!ズバリ相手のどこで好きになりますか?

見た目重視をする人は少数派?

全体の回答で、見た目の要素(顔)(体格)を選んだ人と、見た目意外の要素(性格)(セックスの相性)(会話・メール)(臭い)を合計して比較してみました。その結果、見た目を重視する人は、女性の場合27%おり、男性は33%でした。それ以外の要素で好きになる人は、女性は71%で、男性は63%でした。この結果から、約3人に1人は「見た目の要素」で相手を選び約3人に2人は「見た目意外の要素」で選ぶことがわかります。

「顔」よりも「性格」が最も重要な理由とは?

回答結果で「性格」を選んだ男女が最も多いことから、その理由について聞いてみました!

「どんなにイケメンでも遊び男はNGだから。」(25歳・女性)

「美女と付き合ったことがありますが、自分の自慢話ばかりで最悪でした。」(29歳・男性)

「顔も大事だけど、性格が合わない人とは長く続かないと思う。」(35歳・男性)

全体の意見をまとめると、見た目が良いことに越したことはないとわかっていながらも、やはり性格が合わなければ「付き合っていられない」というのが本音のようです。

男女の違いはそれほどない?

今回のアンケートで恋に落ちるポイントを男女別で比較してみたところ、「さほど変わらない」ことがわかりました。男女共に、最も多い回答は「性格」、「顔」、「セックスの相性」と続いています。驚くべきことに、多少パーセンテージは違うものの、6つの項目を選んだ順番は全く同じであることからも、好きになるポイントは男女共に変わらないようです。

 

《参照》
恋学アンケート
2015年8 月2日現在

Photo by acworks


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…