気が利く女子は持っている!旬の桃狩りデートで女子力をあげる4つの持ち物!~アナウンサー小泉恵未の【コエミの恋するグルメ】Vol.46~

8月になりました。海で水着はハードルが高いという貴女!

首都圏からのアクセスが良い山梨県で桃狩りはいかがかしら?

ケーキバイキングはノーサンキューだけど、フルーツ食べ放題なら大好き。という男子は意外に多く、しかもマイナスイオン満載の自然の中で、フルーツ狩りが出来るとなると、一気に重い腰を上げてくれる人もいるはず。

そこで、気が利く女子をアピールする為に必ず持っていくべき持ち物をご紹介しちゃいます。

1.ウエットティッシュ

もぎ取った桃をその場で豪快に食べる彼の手はベタベタに。サッとこれを手渡せたら、かわいい女子の出来上がりです。ベタベタおててを水道で洗う前のリフレッシュとして必携です。

2.サラッと着替えられるお洋服

桃ってとてもジューシーで、腕をつたって果汁がお洋服に!なんてことも。農園によりますが、近くに日帰り温泉があるので、さっと寄って汗と果汁を洗い流し、綺麗なお洋服で帰るのがオススメ。私も農園のお兄さんに近くの温泉を教えてもらいました。男女別なので、彼を待たせないように、お風呂上がりの着替えやメイクはパパッと済ませるのがコツです。

3.ツバの広い帽子

とにかくこの時期は午前中から暑い!イチゴ狩りのようなハウス栽培よりは、こもった暑さはないけれど、やはり日光を遮るものがないのは暑い!でも日傘をさしながら彼の桃狩りを見守るなんて、雰囲気を壊す行動はNG。ツバの広い帽子をチョイスすれば日差しは遮れます。農園のオバちゃんを味方につけて美味しい桃を教えてもらいながら、素早くもぎ、あとは屋根のあるテラスで、本腰を入れて食べるのが、熱中症を防げてよろしいかと。汗ふきタオルも可愛いものがあれば好印象。

IMG_5862
(美味しい桃を見極めるにはプロに聞くのが1番!)

4.真心

農園によってはお土産に桃を持って帰れるところも。

◯◯くんの実家東京だよねお母さんに持って帰ってあげたら喜ぶんじゃないと親御さんを気遣う気持ちを見せるのも素敵女子。もしくはちのお母さんに持って行ってあげよでもいいかもしれませんね。家族を思う気持ちのある女子は私も大好き。

フルーツ狩りは情報収集が決め手

山梨だけでも農園はたくさんあります。要予約の農園が多いので、最初に電話で色々情報収集して、検討する労力は惜しまないで。せっかくのデートですから。

  • ①食べる場所は、木の下か屋根のある場所か(屋根がないと長い時間は厳しいかも) 
  • ②桃をもぐ場合の料金は(食べ放題とは別料金の場合も多い)

③脚立が必要な木かどうか(スカートやヒールで行けるかわかりますね)

この3点は女子として聞いておくと役立ちます。

桃の次はぶどうも旬を迎えます!日本の美味しいフルーツを堪能しながら、思い切り自分を解放する時間を満喫してくださいね。新しいあなたの魅力を彼も楽しんでくれるハズ。

IMG_5866


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…