前戯がイマイチな彼はどうしたらいい?【OLIVIAの夜の彼育】

セックスが下手な彼をセックス上手に育てていくというテーマに取り組むこのコラム。彼の“イマイチ”なセックス、今回は、「前戯」を再教育していきましょう。

画像:(c) Photographee.eu – Fotolia.com

前戯の不満と言えば、「キス→おっぱい→アソコのお決まりパターンでマンネリ!」という方が多いのではないでしょうか?

「とりあえず、おっぱいとアソコを触っておけば前戯はOK!」と思っている男性は、ひねりがないし、手抜きに感じちゃいますよね。

そこで、前戯にゲーム感覚をプラスして、セックスを盛り上げるアイディアをご紹介します。

彼育セックスの前に…自分で気持ちいいところをつけておこう!

彼育セックスに入る前に質問です。

「あなたは、どこをどういう風に愛撫されるとキモチイイか、イキやすいか、自分でわかっていますか?」

もし、答えが「よくわかっていないかも…」という方は、まずは自分の気持ちいい触り方を知るのが最優先です。

そのために必要なのが、「ひとりHタイム」なんです。

もっともイキやすい性感帯と言われているクリトリスの愛撫でも、

「クリトリスの包皮をむいた方が気持ちよいのか? むくと敏感になりすぎるのか?」

「指で擦る方向は、縦?横?円?どれが一番イキやすい?」

「イクまでにかかる時間はどれくらい?」などなど、自分がどこをどれくらいの時間をかけて、どうやって触ったら気持ちよくなれるのかを研究してみましょう。

自己開発しておかないと、彼にスムーズにおねだりできません。

カミングアウト愛撫ゲームでして欲しいことをリクエスト!

「ちょっと手抜きじゃない?」「もっと時間をかけて」と思っても言葉で伝えづらいですよね。

そんな時には、ゲーム感覚でカミングアウトしましょう。「自分がして欲しいこと」を「相手にしてあげる」ことで、間接的にして欲しいことが伝えられます。

HOW TO カミングアウト愛撫ゲーム

1.彼にして欲しいことを聞く

いつものパターンでセックスが進みそうになったら、「どこをどうすると気持ちよくなるか教えて」「あなたが(私に)やってみて」と提案。相手の意外な性感帯を知ることが出来ます。

2.で聞いた要望を彼にする

リクエストされたことがどうしても無理ならパスしてもOK。

3.自分がして欲しいことを彼にする

「じゃあ、今度は、私がして欲しいことを今からするね」と彼に伝えて、実演します。

性器の愛撫は、亀頭をクリトリス、裏筋を小陰唇、陰嚢を大陰唇に見立てて行うとリクエストが伝わりやすいです。

クンニリングスを丁寧にして欲しい場合は亀頭を丁寧に舐めたり、うなじや太ももなど自分の感じる場所にキスをしたり…。

「こんなこと、されたかったんだね」と彼に体感してもらえます。

力加減やスピードなどは、口で「もっと優しく」「もっとゆっくり」と言っても、さじ加減がわかりづらいので、実際に体感してもらった方が彼も納得してくれるはず。

4.3を彼にしてもらう

彼からあなたへの最後のお返しの愛撫は、あなた好みの前戯になっています!

セックスのダメ出しは、飴と鞭を上手に使い分けるのがポイント。

ダメ出しだけだと男性はスネやすいので、先に楽しく気持ちいい思いをさせておいて、その後に改善点に気づいてもらうのです。

険悪なムードになることもなく、遊び感覚で理想のセックスに切り替えられますよ!

「OLIVIAの夜の彼育」は、毎月第2・4金曜日更新です。次回は「勘違いテクニック 前戯編」。どうぞお楽しみに! 
(OLIVIA)

この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…