女性は意外と知らない!男性の「好きな女性のタイプ」に隠された本音とは!?

こんにちは。婚活コンサルタント山本麻美です。真剣にパートナーを探している男女にお相手をご紹介するお仕事をしています。ご紹介に当たっては、まず男性に「好みのタイプの女性は?」とお聞きしますが、その答えには、ある法則があります。

おおよそ皆さん「明るい子かな」「優しい子がいいな」と何気ない言葉で表現します。このように直感で答えた簡潔な言葉の中にこそ、その男性の本音が隠されているのです。今回は、私が多くのご紹介の経験の中で気付いた「男性の好みのタイプから分かる彼の性格と結婚・恋愛傾向」をお届けします。

「しっかりしている女性」が好みのタイプと答えた彼

しっかりしている女性が好きという事は、言葉通りに受け取れば、アネゴ肌とか肝っ玉母さん系の気が強い女性が好きだと言っているようにも聞こえます。でも実際には、あまり目立つことは好まない普通の女性を選ぶことが多いのです。彼の言う「しっかりした女性」とは、週に5回きちんと真面目に働いている人や看護師などの資格職のことを指します。

そんな彼の特徴は、自分の仕事の将来が見えているという点。過剰な野心を抱かず順当に出世していく堅実な人生を望んでいます。つまりは、これから先の生涯年収が分かっているのです。その分、若いうちから人生設計を立てやすいため結婚も早く、所帯を持つという感覚もしっかりしているので、良いパパになります。

彼が結婚によって得られるメリットは、妻にも働いてもらいダブルインカムになること。出来るだけ家事との両立をしやすい労力の少ない仕事が良いと思っていますから、平日勤務の事務職の女性が良い訳です。

男性の言う「しっかりしている女性」の定義は、専業主婦願望がなく金銭的に依存しないと言う意味での「自立した人」となります。

「明るい女性」が好みのタイプと答えた彼

「明るい女性が好き」と言っている割に、自分は大人しくて口数が少ない人が多い傾向があります。ですが、自分ではそうは思っておらず、どちらかと言えば明るいほうだと自己分析したりもしています。

私は今まで、明るい男性が「明るい女性が好き」と言っているのを聞いたことがありません。自然と明るい人同士で集まるようになるので、明るい人が好きと意識することがないのでしょう。つまり、敢えて「明るい人が好き」と思っている男性は、少し控えめで内気なタイプなのです。

ちょっとしたことで落ち込んだりしてしまうところもあるので、明るく元気な人にそばにいて欲しいと思っています。おしゃべり好きでいつも笑っている年上女性も良いでしょう。相反するふたりですから、最初はお互いに意識しません。長年の信頼関係から気がついたら、かけがえのない関係になっていたという流れで恋愛が進むため、婚期は遅くなりがち。

「明るい女性が好き」と言うタイプの彼には、女性がリードして恋愛を進めることが上手く行くコツです。

「優しい女性」が好みのタイプと答えた彼

優しい男性だから、優しい女性が好きなのだとは限りません。どちらかと言うと、プライドが高くて、人とぶつかったりすることもある人が、優しい女性を求めます。逆に言えば、決断力があり引っ張っていってくれる頼り甲斐のある人です。その分わがままなところもあるので、何でも受け入れてくれる母性愛に溢れた彼女を見つけると、瞬間的にのめり込むのも特徴のひとつ。彼女の行動を把握したがり、束縛する傾向もあります。いつも恋人と一緒にいたいと願う女性には、ぴったりの相手です。

また、男性の優しさとは、荷物を持ってあげたりレディファーストでドアを開けてあげたりする事だと思っていて、その点で言えば、自分は優しい彼氏だという自負もあります。ですので、褒め上手な女性と付き合うことも多くなります。

つまり「優しい女性」とは、思いやり深いと言う意味ではなく、男性と張り合うことのない「癒し系」のおっとりしたしゃべり方やかわいい天然ボケで和ませてくれる女性のことを指しているのです。

共通点や価値観の一致に惑わされないで!

さて、いかがでしたでしょうか。瞬間的に答える「好きな女性のタイプ」は、自分ではあまり自覚していない弱点とも言える部分を補ってくれる相手のことなのですね。男性も自分にないものを持っている尊敬できる女性とお付き合いしたいもの。共通する性格が多いことが良い相性なのではありません。お互いに補い合って、良いパートナーシップを築いて行きましょう!

 

→彼にとって私はどういう存在?を確認する方法はこちら

 

Photo by Photl.com


この記事どうだった?

111いいね!

42うーん…