思わずガッカリする彼のファッションを大改造する方法~タイプ別編~

彼のことは好きなんだけど、ファッションセンスがいまいち。正直言って、一緒にいるところを友達に見られたくない。などと、実は思っているならば、心の中でガッカリするよりも、賢く彼を変身させちゃいましょう! 今回は、「いまいちなファッションタイプ別」彼のスタイル改造法を大公開します!

オタクっぽくてダサい彼

→彼女のお悩み
『大きめサイズのダボッとしたチェックのシャツ。だからなのか袖も長くて、部屋着みたい。それに合わせているジーパンは、逆に中途半端に丈が短く、靴下が丸見え。もっとおしゃれしてきてって遠まわしにお願いしてみたら、びっくり。なんと、ポロシャツのボタンを上まで留めていて、ズボンにインしている。それに、いつも大きな斜めがけバックを重そうにかけている。両手が空いてないと不便なんだって言うけど。』

→改善法
そんなオタク系ファッションの彼は、自分の意思で服を選んでいると言うよりも、量販店で売っているものをそのまま着ているだけ。こだわりがないので、最も改善しやすいタイプ。唯一譲らないのは、目立つ色やブランドが好きじゃないということ。そのポリシーさえ尊重してあげれば、素直に彼女の選んだ服を受け入れます。

ゆとりのあるサイズを選びがちで、サイズ感覚のセンスがないため、試着をさせることが重要です。「こっちのサイズのほうがかっこよく見えるよ!」と単純に褒めてあげるだけ。オシャレなものは似合わないと思い込んでいる心を上手にほぐしてあげましょう。「彼女が喜んでくれるなら」という素直な人が多いから、劇的にかっこよくなる可能性アリ!!!

体型に難ありで服が似合っていない彼

→彼女のお悩み
『インテリタイプの彼で、ひょっとして私より痩せているんじゃないかと一瞬頭をよぎる事もある。そんな彼のお気に入りは、薄っぺらい素材のヨレヨレのTシャツ。でもこれを着ている時、女友達に「ねえねえ、彼、具合悪いの?」って心配されたこともある。』

『よく食べ良く笑う貫禄のある彼。かなりお腹が出ているのは、本人も気にしているはず。なのに、なんでそんなにボリュームのあるダウンジャケットを着ちゃうのだろう。太って見えるのに、どれだけ着込むのかって突っ込みたくなる。』

→改善法
痩せ過ぎている人は、“着やすさや快適さ”を重視する傾向が強く、太っている人は、“肌触りや素材を”大事にする人が多いもの。体型が極端なのは、そもそも見た目をあまり気にしないタイプだからとも言えます。衣服についても、見た目よりも機能性が優れていることに価値を見出します。そのため、意外と値段が高い服を大事に着ていることも。つまり、気に入っているものである可能性が高いので、急なダメ出しは絶対にNG。いったん、素材や機能としての衣服を褒めてあげてから、見た目についてやんわり伝える。彼のショッピングに付いていったら、彼に着て欲しいものを“素材感や着やすさ”という視点で伝えると、上手く誘導できるはず。

オシャレのつもりがあまりオシャレでない彼

→彼女のお悩み
『なんとなく似合っていないサングラスや、ゴツいアクセサリーが浮いてしまって、どうしても目が行ってしまう。こだわりはあるのだろうけど、私の好みの傾向と違うみたい。全身黒で決めている日があるかと思ったら、ブランドの派手なシャツを着ていたり。単品で見ると確かに悪くはないのだけど、組み合わせの問題なのかもしれない。』

→改善法
アクセサリーを身に着けたり、ブランド品をよく購入するのは、異性の目を意識する人。つまり、特定の彼女に良く思われるよりも、その他大勢の女性にモテるほうを優先する傾向があります。見た目の好みにもうるさく、彼女のファッションにあれこれ注文を出すくらい。自分の趣味には自信があるので、彼女が個人的にどう思うかということでは、聞き入れないかもしれません。それよりも、一般論として「女性はこう思うんだよ」という客観的な女性目線の意見を言ってあげましょう。「それってモテないんだ」と納得することが、ファッションを変えるきっかけとなります。

おわりに

彼のファッションを変えて、カッコ良くなって欲しければ、ただオダてるだけじゃ聞いてくれないかもしれません。彼のこだわりを上手くついて、「趣味が合う」という感覚に持っていくことが大切。もちろん、自分も彼の趣味を取り入れて新たなオシャレを取り入れたいですね。一緒に買い物して選ぶ楽しみを見出せれば、デートの幅も広がって、もっとラブラブになれるはず!

 

Photo by Photl.com


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…