【レポート】結婚を遠ざけない「同棲」のコツとは?

あなたは好きな人と同棲をしたことはありますか? 一般的に同棲は、”結婚の前段階”として考えられることが多いものです。でも、安易に同棲をしてしまうと、ズルズルと関係が続いて「なかなか結婚へと話が進まない……」という噂も聞きますよね。

いうなれば同棲は、相手との関係が深まる可能性もあれば、相手を知り過ぎてしまい別れてしまうリスクも高そう……。そうならないためには同棲時、一体どんなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

■ふたりの丁度いい距離感を見つける

同棲をするということは、”恋人と顔を合わせる時間が増える”ということですよね。同棲したばかりの頃は「好きな人と一緒に居られて幸せ」と感じるかもしれませんが、デート時には気にならなかった相手の癖、だらしなさが少しずつ目につくようになります。

例えばキレイ好きだと思っていた彼女が意外と部屋を片づけなかったり、彼が思いのほか神経質でピリピリすることがあったり。ふたりの距離が近くなることで、相手の存在がうっとうしくなってしまうことは意外と多いものです。

裏を返せば、少しでも同棲を長続きさせるには、”ふたりのちょうどいい距離感を見つける”ことが大事になってきそう。そのためには”お互いのひとりの時間”が必要不可欠です。たとえどんなに仲が良くても、できるだけお互いの部屋はきちんと確保するようにしましょう。相手を束縛したり、相手に依存したりしないためにも、お互いのプライベートを尊重してあげる姿勢が大切になってくるはずです。

■ふたりだけの同棲ルールを決める

同棲をするにあたり、もうひとつ大事になってくるのが”生活習慣の違い”です。仕事が違えば食事をする時間、一緒に過ごす時間も異なってきますよね。たとえ同じ平日仕事で週末休みだとしてもおのおのが好き勝手生活していては、気持ちがすれ違ってしまい同棲生活はうまくいきません。

そこで意識したいのが”ふたりだけの同棲ルール”を決めることです。例えば帰宅が遅くなる時は前もって必ず連絡を入れる。食事の準備は帰宅が早い方がする、掃除洗濯は週末にふたりで協力してするなど。お互いの仕事、ライフスタイルに合わせてルールを前もって決めておきましょう。

もし生活していて気になることがあった場合は、どんな小さなことでもため込まずきちんと話し合うこと。一人暮らしであれば好き勝手に生活できますが、同棲となると相手がいるものです。相手を思いやる気持ちを忘れずに、ふたりで居心地いい空間を作る姿勢を大事にしたいですね。

■同棲から結婚へと進展させるには?

同棲時、注意したい大まかなポイントを挙げてみましたが、いかがでしたか。ほかにも金銭絡みはしっかりと話し合っておく、食べ物の好み等は適宜調節すると良さそうです。

居心地のいい同棲生活を送ることができれば、自然と結婚という話も出てくるはず。同棲をきっかけにふたりの関係がより充実したものになるよう、これから同棲しようと思っている男女はぜひ参考にしてみてくださいね。

<著者プロフィール>
柚木深つばさ
フリーランスライター。「AppWoman」「ウレぴあ総研」「ハウコレ」「東京独女スタイル」「恋学」「ラルーン」「教えて! gooウォッチ」など、女性向け媒体を中心に恋愛、モテテクに関する記事を連載。男女にまつわる素朴な疑問について読者視点を心掛けながら、日々記事にして解決していきます。

※写真と本文は関係ありません

(柚木深つばさ)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…