今ドキ女子の悩み「SNS疲れ」をスッキリ解消する方法

友人や恋人と連絡を取るのに欠かせないSNS。でも、TwitterやFacebook、Instagramなどをチェックしているとき、正直「疲れたな」「やめようかな」と感じたことがるのでは?

 

(出典:株式会社リンクバル)

『恋学』が女性を対象に行ったインターネット調査「SNS疲れを感じたことはありますか?」でも、6割(59%)が「ある」と回。「SNSはもともとあまりしない」(26%)を除くと、実に多くの女性が“SNS疲れ”を経験していることが分かりました。

そこで今回は、やめたいけどやめられない「SNS疲れ」をスッキリ解消する方法をご紹介します。

1:「SNS疲れ」の原因とは?

ログインするだけで、さまざまな情報が入ってくるSNS。そのなかには、「知りたくなかった」「見なければよかった」なんて投稿があるのも事実! 未婚女性にとって、元カレの新恋人情報や友人の結婚報告は、ストレスの塊のようなものですよね。

また、少しでも自分をよく見せようとしてたり、「いいね!」の数やコメントの内容に気を遣っていると、知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでいることも…。

友人や恋人との交流を目的としたSNSで、「あぁ…疲れた」とため息をついたことのある方。何のためにSNSをやっているのか、いま一度考え直してみる必要がありそうですよ。

2:ストレスを解消する超簡単なコツ

SNS疲れを解消するもっとも効果的な方法は、時間を決めてログインすること。ちょっとした空き時間や寝る前にダラダラと閲覧していると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。通勤時間やお昼休憩の○分間だけ、休日はログインしない…など、時間制限を設ければ、メリハリのある毎日を送れますよ。

また、「今すぐにでもSNSをやめたいけど、どうしてもやめられない…」そんなときは、アカウントを使い分けるのもよいでしょう。上司や先輩からの管理にストレスを感じることなく、友人と楽しい時間を過ごせるはずです。

3:SNSを上手に退会するポイント

それでもSNSを続けることにストレスを感じるなら、思い切って退会するのも1つの方法です。「上司からのお誘いがしつこくて…」「元恋人からの申請を間違えて受けちゃって…」「知らない人から何度もメッセージが来る」など、上手に言い訳をすれば、友人たちも納得してくれるはずです。

「周りが幸せそうに見えて仕方ない」「どうして私だけ…」なんてネガティブ志向に陥ったら、SNS鬱のサイン。無理をせずにそっとフェードアウトしてみてはいかがですか?

おわりに

友人のリア充投稿にイラッとしたり、自分が写っている写真を無断でアップロードされたり、本当は繋がりたくない友人から申請が来たり…。どうしてもトラブルの尽きないSNS。

でも、たくさんのメリットがあるのも事実です。周りからの評価を気にしすぎず、あなたらしいペースで楽しんでいれば、“SNS=苦痛”にならなくて済むはずですよ。

 

【参照】
恋学アンケート
2015年8月25日現在

photo by DirtyZound


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…