自然体で気楽にふるまえば、あの人から好かれる可能性が高まる

みなさん、こんにちは。栗原達也です。僕は新宿の母の「二代目」として新宿伊勢丹横でいつも占っています。

毎日色んな人が相談に訪れるけれど、その中でも「男性に好かれる女性」について、いつも伝えている言葉をみなさんにも贈りたいと思います。

どんな女性が男性に好かれるといえるのだろうか? 誰が見ても美しい人? スタイルが抜群でセクシャルな魅力にあふれていることが条件? 

たしかに、芸能人を見ていてもわかるように、その容姿で人を惹きつける女性っていうのはいるね。

見ていて、「かわいいな」「きれいだから見ていたい」と素直に思わせてくれる、そういう才能で視線を集めることのできる人たちだから、それが仕事になったり、モテたりすることはあるだろう。

でもね、それはたくさんある魅力のひとつに過ぎないんだ。

「あの人の知性が魅力的だ」「あの笑顔は自分を安心させる」「大人っぽい考え方が尊敬できる」…好きになるポイントは人それぞれ。つまり、誰にでも好感をもてるポイントというのがあるんだよ。

自分と共通の趣味をもっていたり、価値観が合うからそばにいるとラクだったりなど、好印象を抱く点というのは、多種多様。

自分が女性にはこうであってほしいという理想の持ち主がいたら、間違いなく好意をもつだろうし、がんばっている姿が「自分にもなにか手伝えないだろうか」と献身的な愛情を生んだりもする。

万人に好かれようと思わなくていいんだ。君の魅力は君だけにしかないもの。こういうところがすばらしいとわかってくれる人というのは必ずいる。
 
 

でも好きな人ができると、あの人好みの女になりたいと願うのは当たり前のことだよね。

君の大好きな人の心を射止めるためには、それが必要条件のように感じるだろう。

もしも、活発な人が、おとなしくて従順な女性が好みという男性に恋をしたら、どうすればいいのだろう? 

ムリに静かにふるまおうとして、あの人の前では縮こまってしまうのではないだろうか。それでは、本来もっている魅力は押さえつけられてしまうし、ガマンしているわけだから不自然な言動で、好きな人の印象に残るどころか、かえって好かれることが遠のくかもしれない。

偽りの魅力では人を惹きつけることはできないし、仮にうまくいったとしても、どこかでズレが生じて、悲しい結果をもたらしてしまうだろう。

人は自分らしくいるだけでじゅうぶん魅力的なんだ。誰にでもたくさんの長所がある。自分らしく、自然体でふるまえたら、それだけで人を惹きつけられるよ。

それにね、人にはたくさんの側面があるんだ。だから君の中にも好きな相手が恋人に求める理想の部分っていうのが必ずあるはずなんだ。

積極的で人を引っ張っていく気質の女性が、なにかのおりに控え目にふるまったり、遠慮したりということがある。

そのギャップにドキッとしたから、もの静かな人が好きだと思っていたけれど、恋に落ちた…なんていうのもよくある話だよ。

でもムリに自分に自信のあるところを表に出していくこともないよ。

過剰なアピールは「私こういうところがすばらしいの」「見て見て」といったように、相手にプレッシャーとなってのしかかってくるから、一緒にいて疲れてしまう。自分中心にしか考えていない人と仲良くしたいとは思わないものね。

本人も周りも自然体で気楽にふるまえるというのが、男性だけにとどまらず、人に好かれる条件だろう。

だから、最初は人間として好きになってもらうことからスタートしよう。自分のよさを認めて、ごく自然にしていることが大事だよ。

人生交差点の占い師 栗原達也 波乱万丈の半生で鍛え上げた的中眼(http://www.excite.co.jp/relocate/co=jp/woman/article/tatsuya/150828;https://csec.dgweb.jp/excite/tatsuya/index.html)
 
 
(栗原達也)

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…