彼のプライドをくすぐって、たった一人の大事な彼女になる方法

気になる彼のプライドをくすぐれば意外と本命彼女の座はゲットしやすいです。
上手に彼のプライドをくすぐって気分を良くさせてあげましょう。彼もあなたと居る事で自尊心が満たされるのでなかなか手放せなくなります。
でもどのようにすれば、男性のプライドを上手にくすぐれる女性になれるのでしょうか?

頼る

ちょっとしたことでもいいので彼の出来る範囲で、彼に頼りましょう。
出来る事を頼られて嫌がる男性は少ないですが、稀に『面倒臭い……』と思う男性陣もいるようなので、空気を読んでお願い事をしてみましょう。

お願い事をしてもらったら「さすが○○君!ありがとう!」等お礼をしっかりしましょうね。
彼に『頼りになる男性』ということを植え付けましょう。

褒める

彼と会話する際は、何でもいいので彼を褒めましょう。褒められて嫌がる人は少ないです。
持ち物でも、仕事上の事でもなんでもいいです。大げさにならない程度に褒めましょう。

一番いいのは彼自身が気づいていない彼の長所を褒めることです。ですがこれはある程度彼のことを知らないと褒められない部分なので、無理に探そうとしなくてもいいです。
話の流れで、不自然にならないように褒めて彼の気分を良くさせて下さい。必然的にあなたのは上がります。

時間が経てば彼自身気付いていない長所にあなたが気付けるでしょう。

甘える

2人きりの時くらいしっかり甘えて下さい。
甘え下手の女性もいますが、恥ずかしがらずに甘えましょうよ。彼だって好きな彼女に甘えられるのは嬉しいはずです。

筆者も甘え下手なのですが、2人きりになった時は『理性飛んでけ』と言わんばかりに甘えます。普段あまり連絡をマメにしないので会っている時は存分に甘えます。

もし彼が明日、事故にあい二度と逢えない人になったら…って考えた事ありますか? 幸せな時ほど考えにくい事かもしれませんが、
そのような最悪なパターンを想像すると、『今しっかり甘えとこう』と思えます。世の中そのような境遇に遭遇している人もいるんです。明日は我が身です。
会っている時くらい恥ずかしがらず彼に甘えて下さい。

可愛いヤキモチ

何かとキツイ嫉妬をされれば彼だって嫌になり逃げたくなります。ですが可愛いヤキモチ程度なら彼も『可愛いなぁ……』と思ってくれるでしょう。
束縛とヤキモチは別物です。彼に束縛を続ければ、息苦しくなりいずれ逃げてしまうでしょう。
可愛いヤキモチなら彼も受け入れやすいですし、そこまで嫌なんて思わないでしょう。

彼と末永く関係を続けたのなら、彼が他の女性とコソコソ連絡とっていようが、他の女性と2人きりでシレっとご飯行ってようがあまり気にしないで放し飼い出来る女性になって欲しいです。
「他の女性と連絡取らないで!」や「誰と会ってたの?」なんて逐一言われては彼だってうんざりしてしまいます。
もしやめてほしいなら彼を追い詰める言葉は使用ぜす、「○○君が他の女性と楽しそうにしていたら焼くなぁ……」など自分の感情を上手に彼に伝えましょう。

相談をもちかける

仕事のちょっとした失敗でも友達とのいざこざでも何でもいいので相談してみましょう。
(ただ毎回シビアな相談ばかりだと彼が疲れるので相談する内容を選びましょうね)

彼に相談して気分が晴れたら「○○君に相談したら、スッキリした! ありがとう」「ありがとう! また困ったときは相談してもいい?」等お礼を言いつつ、
困った時は頼りにしてますよアピールをしましょう。

おわりに

何でも一人でできてしまう女性はカッコいいですが魅力に欠けます。
頼れる部分はしっかり彼に頼って、甘えられるときはしっかり彼に甘えて、上手に彼のプライドをくすぐり、彼の恋心を離さないようにしてください。

Photo by Ariadna Bruna


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…