彼の●●を観察するのがコツ!? ソロ男に効果的な3つのアプローチ方法

“ソロ男”って聞いたことありますか? ソロ活動系男子、略して「ソロ男」と呼ぶこの言葉。いわゆるひとり暮らしの自立自給をする独身男性のことを指すようです。

でも、独身でひとり暮らしをしていればソロ男かというと、必ずしもそうではないみたい。

というのもソロ男は、誰にも束縛をされず自由な生活を楽しみたい価値観が根っこにあるようなのです。

もしかしたらその価値観は仕事に生きるよりも休みを充実させたい、昨今のゆとり世代の特徴に共通するのかも……?

今回はそんなソロ男に効果的なアプローチの仕方をご紹介します。

手料理アピールは彼の自炊度をチェックしてから

男性のひとり暮らしと聞くと、女子としてはつい食事に困っているイメージが頭に浮かびますよね。でも、最近は男性でも女性並に自炊をする人が多く、下手に家事ができるアピールをしてしまうと、返ってあざとい印象を持たれてしまう恐れがあるものです。

なので、あなたが料理上手で、気になる彼の自炊を手伝ってあげたい……と思った時は、事前に彼の自炊度をリサーチしておくと良さそう。自炊はどのくらいしているのか、普段どんな料理を作るのか。2、3つ質問すれば、彼の自炊力が大まかに把握できるはずです。

もし彼が外食に頼りっぱなし、仕事が忙しくてコンビニ弁当ばかりの場合は、関係に応じたタイミングで、手始めに日持ちしやすいクッキーといった、デザートをご馳走してあげては……?

反対に彼が自炊をするタイプなら、お互いの得意料理や今晩作った料理などを話題にして、距離を縮めると良さそうです。

気になる人とひとつでも多くの共通点を持つことは、ふたりの距離を縮めるためには欠かせないアプローチになりそうですね。

彼の生き方を尊重してあげる

ソロ男にもいろいろなタイプの男性がいます。共通の趣味を通じで、ワイワイと仲間同士で盛り上がって休日を充実させているタイプもいれば、仕事疲れを癒すために休日はなるべくひとりでゆっくり過ごすといったタイプもいるでしょう。

すなわちソロ男にアプローチする際は、彼がどんなソロ男タイプであるかを注意深く観察する必要がありそうです。いずれにしろ出会い始めは、友達のような気を遣わない関係を築くことを目指してみるといいのかも……?

変に相手を異性として意識してしまうと、相手はあなたの気持ちに気付いて反応に困ってしまい、関係が途切れてしまう恐れもあります。

相手の好きなもの、休日の過ごし方を尊重してあげることで、彼も「自分を理解してくれている」と感じて、あなたと休日を過ごすことを前向きに考えるかもしれません。

ソロ男が休日を異性と過ごすといった行動は、恋愛において貴重な第一歩です。彼のテリトリーにあなたの存在が入ることで、恋愛対象として強く意識するはずですよ。

つかず離れずを意識する

ソロ男が増えてきた原因のひとつに、人との関わりの煩わしさが挙げられています。ひと昔前であれば男性は仕事、女性は家庭と男女の役割が分業されていましたが……。いまは男女ともひとりで生きられる時代になりましたよね。

スーパーに行けば作り立てのお惣菜が売っているし、外食もひとりで気軽に入れるお店が増えてきている時代。「面倒な恋愛をするよりも、ひとりでいた方が気楽」というのは、若い世代に限らずソロ男にも共通の考え方かもしれません。

ですので、こうしたタイプの男性とは程よく距離を保ちながら、独り身の寂しさを上手にサポートしてあげるのが良さそう。人との関わりが煩わしいと感じながらも、ひとりでいると寂しいと感じる時があるのも彼らの特徴です。

そんな時、彼の話し相手になってあげればあなたの印象が強まり、ますます異性としての特別感が増していきそうです。

ソロ男と出会う可能性はかなり高い!?

独身でひとり暮らしをしていて、ゆとり世代に似た価値観を持っている男性は、推定年齢20代そこそこ。まさに恋愛のメインターゲットになる年齢ということで、このようなタイプの男性は決して少なくなさそうです。

もし出会った男性がこうしたソロ男だった場合は、これらのアプローチ方法で彼との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

 

Photo by StartupStockPhotos


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…