エッチのとき「本命の彼が傷つきまくっている」女子の言動4選

「エッチのとき、君は●●をしてくれないから、ぼくは君と別れたい」……こんなことを言う男子って、あまり一般的ではないですよね。

そのへんのことは、女子として察してあげないと、阿吽の呼吸がお得意の日本男児がかわいそうかも!

ということで、今回は、エッチのとき「本命の彼が傷つきまくっている」女子の言動に迫ります。

さっそくご紹介しましょう!

1:フェラの時間が短い

「ぼくの彼女はフェラの時間が短いので、すっごく哀しいです。あるときは『歯の治療が終わってないので、フェラできない』とも言われました。傷つきます」(27歳・商社)

女子が、クンニの時間が短いことで傷つくこともある、というのとおなじようなことではないでしょうか。

フェラって、なにも全部を咥える必要もないので、ネット動画などを参考に、長時間できるフェラの方法を模索してみては?

2:なかなか脚の力を抜いてくれない

「彼女は、恥ずかしいのか、なかなか脚の力を抜いてくれません。だから、クンニがうまくできなかったり、正常位をしていても彼女が満足していなかったりします。残念無念」(25歳・飲食)

余計な恥じらいを取っ払ったほうが、エッチは気持ちいいわけですが、そこがなかなかできない女子は、なかなかできないのだろうと思います。

勇気を振り絞って「その壁」を超えたら、あとはなんでもありなんですけどね!

3:部屋の電気を消される

「彼女は、エッチのとき、いつも部屋の明かりを全部消してほしいと言います。真っ暗だと、ぼくが大好きな彼女のアソコや乳首が見えないから、ぼくはめちゃ傷つくんですよね。やっと彼女のことを丸裸にしたのに、見えないって、ど~ゆ~ことよ!」(25歳・運送)

これは、男子が傷つきまくる理由のナンバーワンかもしれません。

男子って、愛する彼女のアソコやそこを見たがるんですよね。

見たからどうということもないわけです。ただ見たいんです。

だから、アソコの色や形に自信がなくても、見せたあげたほうが、男子の満足度は高くなるということです。

見せてあげたら?

4:イッたのかイってないのか、よくわからない

「元カノは、お腹がヒクヒクしたらイッた……というわかりやすい女子でしたが、今の彼女は、イッたのかイってないのか、よくわからないんです。男としてすごく傷つきます」(28歳・IT)

男子って「わかりやすくイク女子」に好感を覚えるのかもしれません。

しれっとイかれても困るということでしょう。

男子が汗をかいたぶん、そのわかりやすい見返りがほしい……こういうのも、男心のひとつでしょうね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

女子が「恥じらいを多めに見せることは、とても女子らしい、いいことだ」と思っている裏で、男子は「そんな恥じらいはいらん」と思っていることもあるということです。

このへんのさじ加減が理解できるようになれば、女子はもっと気持ちいいエッチができるでしょうし、男子はもっと女子を満足させてあげることができるようになるのでしょう。

まあ、言うは易しってことですが。

 

Photo by Nastya Birdy

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

9うーん…