アラサーのバージン(処女)どう思う? 自分を粗末に扱う前にゆっくり考えて素敵な恋を!【前編】

最近は、初体験を迎える年齢が低くなりつつあり、「若いうちに経験して当たり前」というような風潮を感じつつあります。経験が遅いと「私っておかしいのかな?」と感じたり、それを指摘され不安になったりすることもあるようです。

今回の質問でも、まだバージンだという女性が深刻な悩みを抱えていました。Q&Aサイトのオウケイウェイブから、バージンで悩んでいる女性に向けてのアドバイスを厳選して紹介しましょう!

■質問
私は33歳で男性経験がありません。過去に付き合った男性は一人なのですが、半年で別れました。原因のひとつに、私がいつまで経っても最後までいくのを拒否したことがありました。

それがすべてではないのですが、別れ際「そんな年で処女なんかキモイ」と言われました。彼のことはもう吹っ切れたのですが、今後出会う男性もそんなふうに思うのかと思うと、男性に恐怖を感じます。

やはり男性の本音としては、高齢の女性が未経験だと気持ち悪いものですか。本命の彼ができる前に経験を積んだ方がいいのか、馬鹿な悩みですけど真剣に考えています。

■回答1
33歳でバージン、結構居ますよそういう女性。私が知っている限りでは40代でも居ましたし、私がお相手した女性で30代で初体験だった方が何人もいますし、その中では36歳が一番上でした。

別にキモクないですよ。31歳で男の手も握れない人も居たし、キスやペッティングもしたことない人は幾らでも居ます。だいたい女性に向かってそんな失礼なことを思ったり言う奴は、男としてセックスに自信がない奴です。

バージンや経験の少ない女性を相手にするには、優しさと思いやり、そして忍耐力がないとお相手ができないのです。本命の彼ができるまで、今のままの方が良いです。

変な男に引っかかって、病気をうつされたり、妊娠したり、挙句の果てにセックスが嫌いになったら悲劇です。それより本命の彼が出来た時に、正直に不安を伝えて受け止めてくれる様な関係を創ることが大事です。

■回答2
お気持ち、痛いほどわかります。私も30歳まで男性の経験がなかったからです。当時好きだった恋人未満の人はいたのですが、どう接してよいか解からず彼の本心も解らず、たまたま告白された職場の人と焦りもあって関係を持ってしまい、それを愛だと勘違いして結婚までしてしまいました。当然の結果ですが1年後に離婚です。

離婚して10年以上経ちますが、仕事に没頭してる間に40代後半になってしまい、もう恋愛できないだろうなと思っていましたが、とても良い人に巡り合うことができました。

久し振りの行為で彼を受け入れられなかったのに、「大事に思っているから無理強いしたくない。このまま抱き合っているだけでも幸せだ」と言ってくれたとき涙が出そうになりました。正直離婚後様々な誘惑はありましたが、この人を待っていて良かったと思います。

33歳は決してオバサンではありませんよ。自信を持ってあなたを大事にしてくれる、そして心から愛せる男性を見つけてください。自分で自分を決めつけてしまわないで。ご自分を大事にして下さいね。

■回答3
全然気持ち悪くなんかありませんよ。むしろ未婚で処女であるというごく当然の状況が「気持ち悪い」と思ってしまうような世の中のほうが、わたしは気持ち悪いです。

あなたの元彼の気持ちもわかります。多分彼は、あなたに拒否されたことでとてもプライドが傷ついたんだと思います。それで捨てぜりふを言っただけです。ただ、最後の捨てぜりふだけにとても攻撃力があったというか、その言葉があなたの心にぐさっと刺さったんでしょうね。

恋愛は真剣勝負ですからいろいろとお互いに傷つくものです。だから彼を恨む必要もないし、あなた自身を責める必要もありません。あなたはあなたの生き方でいいんです。

■回答4
おかしな質問です。大切に操を守ってきたあなたの考えることではありません。その男のほうがよっぽど気持ち悪いです。多分するのが目的で、断られた腹いせでしょう。男は、自分が初めての男と思いたい。女は、最後の男と思いたい。といいます。男が、最初にこだわるのは、いつの時代でも変わりません。

できれば、私も処女の女と結婚したかったです。結局何人もの経験を踏んだ女性と結婚しましたが、あなたを大切に、しかも守ってきたものを大切にいただく、彼氏を作りなさい。いつまでもいつまでも大切に守り、ここが勝負というときにお使いなさい。

■回答5
過去の価値観から見ると、女性が処女でいる価値を失ったのは、ここ二十年位でしょうか。それまでは、男性経験のある女性は、どちらかというと遊び女、売女、バツイチと大変不利でした。一段低くみられたものです。これも男社会だったせいかもしれません。でも、それだけ、処女は、大事にされたものです。

また、そのような女性と結婚することは、男にとって生涯責任もって守るべきものと考えていました。それが、この短い期間で価値が変わり、性欲に目覚めた貪欲な女性が当たり前となり、離婚も多いのですよ。

男からみると本音は、相手の女性が始めてと知ると安心なのですよ。相手の女性が初めてで、男も結婚を真剣に考えている方でしたら、内心嬉しいでしょうね。そんなもんですよ、男は。単純ですから。

遊びのつもりでしたら、経験のある女性なら、あとくされがなく、面倒のない女性がよいですが、一生つきあうつもりでしたら、逆でしょうね。結論として、自信を持ってください。過去の男性は、遊びのつもりだったということですよ。そこを見極めないと傷つくだけです。

■回答6
自分を安売りしないで! 経験・未経験の好みはその人の価値観です。私自身20過ぎまで“童貞”でしたが、当時の彼女から「気持ち悪い」など言われたことがありません。処女・非処女などにこだわるのは器の小さい男。もっと器の大きな男性を見つけることをオススメします。


いかがでしたか? どの回答も温かく、「自分を大切にして!」というものばかりでした。時代が流れていくうちに、少しずつ貞操観念に対する考え方も変わってきているのかもしれません。

後編では、心理的な葛藤もあるということを考えさせられる回答を紹介しています。いろいろな見方を知るきっかけになるので、視野を広げた恋愛を楽しめるようになると思います。ぜひ次回もチェックしてみてくださいね! 

・オウケイウェイヴ 公式サイト(http://okwave.jp/)
元記事はこちら(http://okwave.jp/qa/q4268274.html)

夜オンナの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…