SNSで知り合った彼、本当に付き合える? コレが見極めポイント!

今時、知り合うきっかけがSNSやオンラインゲームというのは、珍しい話じゃありません。ブログやツイッターによって、個人が自由に自身の情報を発信できる世の中ですから、リアルな対面がなくたって男女は繋がりを持てるのです。ちょっとしたことをきっかけにコメントやメールをやり取りするようになり、気が付けば異性として意識し始めている……というケースは結構あるんじゃないでしょうか。

ただ、顔が見えないだけに、安心して恋愛できるわけではないはず。自称イケメンが、実際に会ってみたらブサメンだったり、SNSの日記では明るくて好感が持てる人なのに、対面して話してみると超ネガティブだったりと、意外な素顔を隠しているケースもあるのです。

リアルじゃない出逢いをきっかけに知り合った男性と真剣交際はできるのか……? 見極めポイントを考えてみたいと思います。

実際に会ってくれるかどうか?

顔も見ず、声も聴かない状態でお付き合いを決めるのは、かなり難しいですし、するべきではないでしょう。かつての日本には、親が決めた相手と出逢った当日に夫婦になる、ということも珍しくありませんでしたが、現代でそんな無謀な覚悟を決める必要はないのです。

ブログや日記で相手のことを熟知していて、メールのやり取りを十分にしているとしても、実際に会って話をしないことには、本当の恋は始まらないといえます。

そして、会って話がしたいと提案するのに対して、男性が快く応じず、会えない具体的な理由も教えてくれないなら、「リアルに対面すると都合が悪い部分」を隠していると考えるべきです。どんなにいい人だと信用しても、会えないとわかった時点で距離を置くのが安全でしょう。

顔写真を見せてくれるかどうか?

プロフィール画像として顔を公開している人もいますが、そういう人はもともと美形か、ちょっと勘違いしているナルシストか、はたまたかなり「加工」しているか……SNSユーザーで自分の顔を堂々と見せたがる人って多くはないと思います。また、あえて見せずに、自分のことを象徴するようなアイコンを載せている方が、印象が良いというか、オシャレに見えたりもするようです。

ただ、だからといって、イイ感じに仲良くなり、「会ってもいいかも」という期待が膨らんできたところで顔写真を見せることを拒否する人は、ネット上で知り合う人間とリアルに関わろうとする意志がないかもしれません。現実世界とSNSやオンラインゲームなどの世界を切り離して考えていて、そもそも対面するほど親密な仲を築くつもりがない可能性があります。

そして、そういうタイプは、ネット上では理想の自分を演じていることも多く、年齢や職業、性別が実際とは違う場合もあるのです。

顔写真を見せない、プロフィールの内容を深く突っ込んでも詳しく返答してくれない、あるいは無視するという男性は、仮想現実の世界だから仲良くできていると考えるべき。リアルで恋人になれる相手ではないでしょう。

実際に会ってみて、違和感がないかどうか?

顔を合わせるまでの印象と、実際に会って話してみての印象が同じであれば、恋を進めてもそれほど心配はないでしょう。けれど、「なんだか引っ掛かる」と少しでも思うところがあれば、関係の進展には慎重になった方がいいかもしれません。

文字や写真だけのやり取りでは見えなかった本性が、それほど魅力的ではない場合があります。

筆者は以前、ある年上女性のブログをよく読んでいて、高い人間性と美しい心の持ち主だと好感を抱いていました。その人とはひょんなことから仕事で接点ができて、実際にお会いできたのですが、リアルな彼女は裏表のある計算高い人で愕然としてしまいました。

彼女には、「たくさんの人から注目されたい。憧れの対象になりたい」という願望があり、それをブログで実行していたのです。

文章が上手な人ほど、リアルな対面で慎重に吟味した方が良さそうです。メールやコメントのやり取りで抱く印象と変わらない好感が持てるなら、本命彼氏と狙ってもいいでしょう。


この記事どうだった?

10いいね!

2うーん…