モテまくる? 彼を惹きつける3つの“チャンネル”操作とレッスン

この世にはさまざまなチャンネルがあります。
テレビはもちろん、霊能力者がはるか彼方と精神交流を行うのもチャンネルって呼んだりしますよね。

カリスマセラピスト、バーバラ・キースリングは女性が交信できるカラダの各部分のことを”チャンネル”と呼んでいます。
見たい番組を選ぶためにリモコンで次々にチャンネルを替えるように、自分自身のチャンネルを自在に操作し、スクリーンに映し出していけたら!

バーバラは、男性を惹きつけるには、目、口元、表情、この3つのチャンネル操作を身につけることが最も効果的だといっています。

目は太陽の光

目は心の窓と言われます。心の熱い思いを目で相手に伝えましょう。
と言っても、ただ見つめればいいというわけではないようです。

『自分の目は太陽の光だと思って。自分の目に太陽の光度と威力があると思えば、直接人の目を長く見つめてはいけないと思うでしょう? まず光度を全開にしてじっと見てから、すっと視線を下にそらず。そして、まぶしい輝きから相手を解放してほっとさせてあげる。この目の動きを、鏡で自分の顔を見ながら練習してみて。』

そう、練習が必要なんです。
まずは鏡に顔を映してみる所からはじめてください。恥ずかしがらずに“いい気になって”自分を見つめてみましょう。
そして『私の目は綺麗なんだ』と自分に何回も言い聞かせる! 大丈夫。そう見えなくても、思い込ませていくうちに表情が変わってきます。
好きな人から、「目が綺麗だね」と言われている自分を想像して信じ込んでみてください。

キスしたくなる唇

次に大切なチャンネルが口元です。目と同じように鏡を見て“私はキスしたくなるようなセクシーな口元なんだ”と自分に言い聞かせましょう。

『唇を引き結んじゃだめよ。きりりと一文字にしてはだめ。わざわざコラーゲンを注射しなくたっていいから、唇を常にリラックスさせておくこと。』

無意識に口を引き結んで力を入れていることってありますよね。続けていると、シワが増え口元から老け込んでしまいます。鏡で研究しましょう。

『批判するために鏡を見てはだめ。口元の力を抜き、軽く口を開け、少しだけセクシーに口をすぼめる練習をして。大事なのは、あなたの唇がいつでもメッセージを伝えている状態にあるということ。いつキスされてもいいわよ、というメッセージをね。』

セクシーな口元をレパートリーの1つにするには鏡と仲良くなり、目のときと同じように“いい気になる””信じ込む”ことが大切です。また、顔をマッサージするときに、唇にもするのを忘れないように。常に血行のいい、しっとりとした唇を保つのが理想です。

表情は内面を映す鏡

3つ目のチャンネル「表情」は、あなたの内面をそのまま映す鏡です。
言葉と裏腹なことを心で思っていると、必ずその思いは表情に出てしまうもの。
俳優のレッスンでは口に出さない意識のことを「サブテキスト」と呼び、それを準備して使える役者は評価されることが多いんです。
本当にセクシーなことを考えていたら、どんな言葉を発していようとセクシーな表情が現れるものだし、逆に、どんなセクシーな言葉を口にしても、頭の中で違うことを考えていたら全然セクシーになんて見えない。フリに過ぎないから。……優れた俳優ならみんな知っています。

だから、なるべく嘘をつかないで、内面と表情が連動するように心がけましょう。
嘘なんかついてない、と思っていても、日常生活の中で、どこか強張りのある表情が身についてしまっている場合があります。
こちらも鏡を見て、「喜び」、「悲しみ」、「怒り」、様々な表情を研究してみてください。自分が嬉しいとき、嘆いているとき、どんな表情をしているか、案外知らないのではないでしょうか。無表情が身についていたり、素直に笑えなくなったりしてはいないでしょうか。

おわりに

いかがですか?
目と口と表情、この3つのチャンネルを効果的に使うことができれば、言葉なしでも男性を惹きつけることが出来るようです。
鏡を見て、俳優でもないのに“その気になる”こと自体難しそうですが、バーバラはそれを自転車に乗ることに例えています。
『(自転車の練習では)バランスとペダルとハンドルという3つの要素に絶えず神経を集中してるわよね。扱い方を覚えるのも、難なく乗りこなすリズムを身につけるのにも時間がかかる。3つのチャンネルを自在に使いこなすのも、ひとつひとつをちゃんと使えるようになってからでないと難しいのよ。でも一度やり方を覚えたら、自転車と同じで、絶対に忘れないの!』

どうででしょう? 3つのチャンネル操作、練習してみる価値はあるかもしれません。

 

参考文献
「モテる女になるためのラブ・ルール」 
           バーバラ・キースリング  ソニー・マガジンズ

Photo by Sunbas


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…