オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

男性の本音って、どこで聞けると思いますか? 異性の正直な意見は気になるものの、恋人でも、友達でも、女性がいる場所ではなかなか聞けないもの。そこで今回は、エキサイト編集部に出入りするライター・編集者の男性二人が喫煙所で繰り広げる本音トークを、みなさんにコッソリご紹介しちゃいます。

ただし、あくまでも喫煙所の無責任な雑談なので、ムカっと来るポイントがあってもどうか許してあげてください。それでは、はじめます。

オトコが感じる

オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

【登場人物紹介】
■大野:31歳。モテるが彼女はいない。
■朽木:29歳。モテないが彼女はいる。

■女心を理解するためにまつエクしてきたよ!
大野:昨日、まつげエクステに行きました。

朽木:どういうことなの?!?!?!

大野:知り合った女性がアイリストで、1000円でやってくれたw

朽木:うん、それはいいんですけど。えーーー、なんの心境の変化ですかソレ…。

大野:男もまつげつけるってどこかで見て、一回やってみるかと。

朽木:論理に飛躍がある気がしますが、一旦置いておきましょう。まつげをエクステンションすると、どんないいことがあるんですか。

大野:とくにない。

朽木:ないのかよ!

大野:まあ、女心の理解のためですよ。

■やっぱり自然体が一番イイ!
朽木:女心、なにかわかりましたか?

大野:伸びたまつげがメガネのレンズに当たります。以上。

朽木:深い~~! 自然体が一番という示唆~~~!

大野:まあでも、自然体が一番ですね。

朽木:真理ですね。背伸びをすると、壁にぶつかる。

大野:まあ、これまで女性についてあれこれ言ってきましたが。

朽木:ひとつのテーマでしたよね、自然体というのは。

大野:「いい女」ってなんだろうか。

朽木:おっ、本質的!

■いい女は、性格・行動を理解してくれて、無理しなくてよい人?
朽木:ズバリ、大野さんにとってのいい女とは!?

大野:相手の性格・行動などを理解してくれる女性、かな。前も同じこと言ったと思うけど。朽木くんは? 「彼女」って言い出す感じですか?

朽木:トゲがありませんかその言い方(笑)でも、彼女もいい女です。

大野:ほほう。

オトコが感じる

オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

朽木:僕にとってのいい女は、自分が無理しなくていい相手でしょうか。こっちも無理したくないし、相手に無理されるのも疲れるし。

大野:無理って具体的にどういうこと?

朽木:いや、ミクチャとかTwitterの共同アカとかやりたくないですし、おフェロメイクとか美魔女とかはしてもらいたくない、っていう意味です。それこそ、自然体でいてもらえるのが一番じゃないかな~~~と。

大野:なるほど、よくわかりました。

■お互いに負荷と感じるかどうか、結局は自分次第!
朽木:対等な関係性というか、どっちかに負荷がかかる関係性って成立しないので。

大野:なんか「あなたのためにこんなにやってるのに!」みたいなことかと思った。

朽木:あーーー、それはちょっと重い、かなあ。自分で自分に負荷をかけるのも、相手に負荷をかけるのも、どっちも続かない気がします。

大野:負荷を楽しめるといいんじゃないの?

朽木:なるほど、負荷を負荷と思わなければいいのかもしれませんね。ストレス掛けられる方が成長するっていいますし。トマトは水をあげないと甘くなるんですよ。

大野:オープンマインド! 負荷カモン!

朽木:意味違いませんか(笑)

大野:オープンマインドって言いたかっただけ。でも結局さ、自分次第ってとこもあるよね。

朽木:おーさすがの大野先生。

大野:すべての原因は自分にあると思うので。

朽木:自責だ。

大野:恋愛も仕事も。

朽木:それはそうですね。

■相手と同じレベルじゃないと関係は続かない
朽木:大野さんはいつもどうなって別れちゃうんですか?

大野:なんだろう。自然消滅とか他に好きな人ができるとか。

朽木:飽きちゃうのかな。

大野:魅力値は下がってるよね。おそらく、自分のレベルと違ってくるからじゃないかなとは思う。

オトコが感じる

オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

朽木:ふむふむ。成長しますからね、相手が停滞しちゃうとね。引っ張られそうな怖さはあります。

大野:男女って同レベルじゃないと付き合えないとか聞きますが、どっちかが成長すると関係性維持は難しいのかなと。

朽木:うーーーん、あとはその成長の方向性がズレてしまうこともありそうです。

大野:どういうこと?

朽木:せっかくもっと魅力的になろうとしてやってることなのに、メイクとかファッションとか。それが相手の好きな方向とズレていくのは悲しいじゃないですか。だから、男も女もちゃんと相手の本音を聞くべきだと思うんですよ。

大野:でも、その本音はどうやって聞く? 女性はなかなか言わないじゃん。

■相手の本音は、日常の些細な行動にあらわれる
朽木:行動のはしばしにあらわれるサインを見逃さないようにするしかないのでは。

大野:はしばし、ディティール、細部。なるほどねーーー。

朽木:神は細部に宿るといいますし。

大野:まあ、一緒にいることで、どっちも成長できるような相手が理想ってことだろうね。

朽木:はい、それがいい女かと。

オトコが感じる

オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

大野:いい女、探そっと。

朽木:さて、そろそろ戻りましょうか。

大野:そうしましょう。

■2020年までには結婚してるかなぁ?
朽木:念のため聞いておきますが、大野さん、結婚願望はあるんですよね?

大野:いちおう。オリンピック前には。

朽木:遠いな。2020年って何してるでしょうね。

大野:車で空を飛んでいます。

朽木:バック・トゥー・ザ・フューチャーは間に合わなかったですよ。

大野:まじめに言うと、もう一個会社を作ってたいかな。

朽木:ほう。どのような?

大野:モノ作り会社、テクノロジー×モノ。

朽木:さすがです。結婚してますかね。

大野:どうでしょう。

朽木:ドクはたしか若い女と結婚しましたよ。

大野:そうだっけ(笑)覚えてないけど。

朽木:いま見返してもなかなかの名作です。

■おしまいに…
大野:朽木くんは何してる予定?

朽木:編集者をしながら、作家にもなりたいです。

大野:ポエム?

オトコが感じる

オトコが感じる”いい女”ってなんだろう? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.5】

朽木:ポエムとちがいますよ! まあ、なれるかはわかんないですが。

大野:まあ、未来にたしかなことなんてないんじゃない?

朽木:いいこと言う~~~! でも、ひとつだけ言えることは。
大野:なんでしょう。

朽木:まつエクはしなくていいと思います。

大野:(・´з`・)
 
 
(朽木&大野)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…