恋愛の秋!が実は大間違いな3つの理由

秋といえば恋愛の秋!で・す・が、実は統計上、秋は一番恋愛が生まれにくい季節というのはご存知でしょうか?

春→出会いの季節(人事異動や入学・卒業)

夏→夏休みに便乗して遊びからの出会い

冬→イベントシーズン真っ盛り

これら3つの季節と比較すると、実は秋って何もないんです。そう「恋愛の秋」なんて何もない季節だから生まれたこじつけワードなのです!今日はそんな秋が実は恋愛に向かない理由を3つご紹介します。向かないからあきらめるのか、向かないからこそ頑張るのかはアナタ次第。

夏のダメージがオンナを美容に走らせる

最初は夏のダメージが恋愛を遠ざけるお話。夏から秋で女子たちにどんな変化が訪れているのかご説明します。

夏といえ汗に紫外線に外遊びも相まって、あなたは今夏バテモードではないですか?実は夏のダメージを感じる秋というのは、女を一番美容に走らせる季節です。脱毛のスタートが一番多いのは露出が減る秋ですし、紫外線で痛んだ肌をケアするために美容に力を入れたくなるのも秋。そんなふうに自分に投資をしていると、当然恋活費用や時間はどんどん削られていきます。

そして結果、秋に夏のダメージは解消できたけど、恋愛はてんで…という状況が生まれます。さあ、あなたは思い当たる節、ありませんか?

夏の疲れとイベント無しの毎日に恋愛モードもゆるむ

秋に恋愛しにくい理由2つめは、ズバリ夏のイベント疲れです。夏は海に花火にBBQに、地元に帰って久々の再会なんてイベントを楽しんだ方も多いでしょう。そこでの楽しかった思い出に浸り、秋は恋愛を頑張る気力が一回落ち着きがちです。ただ秋は先ほどもご説明した通り、イベントがない分自分から動かないと恋愛できない季節です。その結果、夏の楽しさの余韻を思い出し、ぼ〜っと過ごしたら冬になっていた…なんてことになってしまうのです。

○○の秋は自分磨きに走る言い訳!

最後は○○の秋の落とし穴!自分磨きについてです。

○○の秋!と言えば、皆さん何を思い浮かべますか?「スポーツ」「芸術」「食欲」などなど、実はこれら代表的な○○は、改めて考えると全部自己満足の行いです。しかも食欲以外はいわゆる自分磨きジャンルの行為。先ほど美容に走るとその分恋愛に走りにくくなるとお伝えしましたが、芸術やスポーツもお金と時間がかかるぶん、恋愛から遠くなるのは同じです。

出会いを見込める芸術やスポーツであれば始める意味もあるのですが、出会いがない自分磨きであれば、秋に始めるのはちょっとキケンなのがわかると思います。

 

いかがだったでしょうか?

恋愛の秋なんてのは実はまやかし。みなさん秋も恋の歩みを止めずに頑張りましょう。

 

Photo by: Mike Monaghan


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…