軽率な言動は考えもの! カレ以外に目移りしたときの危険なエピソード

9月に入っても、日差しがまだ強いイタリア。散歩の途中によったジェラテリアは、涼味を求める人でいっぱいです。そんな中、豪華4種盛りを二人で食べていたカップルが大げんか。

軽率な言動は考えもの! カレ以外に目移りしたときの危険なエピソード

軽率な言動は考えもの! カレ以外に目移りしたときの危険なエピソード

(c) VadimGuzhva – Fotolia.com

どうやら、通りがかりのマッチョ? なイケメンをチラ見しながらジェラートを食べていた彼女に、彼が文句をつけたせいのようでした。

「くやしかったらアンタも、軽々お姫様だっこできるくらいのマッチョになってみなさいよ!」という彼女の捨てゼリフを聞いて、二人の愛はいったいどこへ…と思ったのを覚えています。

社会に出て出会いの数が増えるにつれ、誰しもたくさんの人に目をひかれた経験のひとつやふたつは持っているもの。パートナーがいてもそんな瞬間に落ちることは少なくありません。

ここでは、そんな人たちの目移りエピソードについてご紹介します。

1.彼の友だちにドキドキ
建築関係の仕事をしている彼と、同棲して3年になる知人女性。その彼の幼なじみを初めて家に招いたときは「あまりのイケメンっぷりにビックリしたのを今でも覚えている」と言います。

ジムでフィットネスインストラクターとして働くその方は、顔もさることながら均整のとれた体形で、ヴィンテージのデニムがとてもよく似合う人だったそうです。

ついポーっとしたのを彼に知られ、幼なじみが帰った後は軽くケンカになりました。しばらくして、彼女は彼が働くジムに体験入会。「もちろん、彼には内緒よ。何か言われそうでイヤだったし」と語る彼女。

トレーニングのかたわら、幼なじみ氏にあいさつ…のつもりでそばに行ったのですが、彼女が見たのは鏡の前でポージングやら筋肉のつき具合やらをチェックしている彼の姿。

見たとたん、キュンキュンした気持ちは光よりも早く消え失せ、ただのナルシストか…と気持ちが冷めてしまいました。

「トレーニング自体は楽しかったから正式入会して続けたけど、彼のことはただの知り合いにシフトした」と苦笑いの彼女でした。
 
 

2.電車で会う人に目移り
ローマ郊外のオフィスに電車通勤する知人女性は、毎朝同じ電車に乗りあわせる男性に目移りしているそうです。最初の2年ほどは、顔を合わせるだけで声をかけたりすることはありませんでした。

あるとき、めずらしく電車が満員になり、ぎゅうぎゅうの立ち乗り状態の中で彼女のピアスがはずれ、それを拾ってもらったのがきっかけで少しずつ話すようになったとか。

「なんとなく気になる程度よ。『好きになりそう』とかそういうテンションの高さはないわよ」と断言する彼女に「アンタにその気はなくても向こうからアピールしてくるかもしれないじゃないの」とその場にいた知人からツッコまれていました。

「彼とのおつき合いに不満があるわけではないの。一緒に暮らしてるし、結婚するならこの人と思ってるから」と語る彼女に、それならなぜ? と聞いてみたところ「うーん…刺激が欲しいからなのかしら」と自分でもつかみきれていない様子。

小悪魔っぷりもほどほどに…と思わずにはいられませんでした。

3.友だちの彼にキュン
ある知人女性は、目移りをきっかけに年上の彼からフラれたことがあるそう。彼、そして彼女の友人カップル2組をまじえてみんなで海に行ったときのことでした。

「友だちの彼が、私の好きなハリウッドスターによく似てて、正直ときめいた。だからその人とばっかりしゃべってた」そう。

しかし、その彼は彼女に「自分の彼女の友だち」として接していたそうで、チャンスも何もあったものではなかったのですが、それを見ていた彼氏のメンツはつぶれ気味。

二人で少し沖合へ泳ぎに行き、そこで「君の態度が気に入らない。友だちの彼だろ? どうしてあそこまでデレっとできるんだよ」と言われたそうです。

「俳優の●●に似ててカッコいいなと思っただけ。本気にしないでよ」という彼女の言葉にも彼の怒りはおさまらず、彼は先に帰ってしまいました。

その夜「君にとってはつまらないことかもしれないけど、今日の君の態度に僕は傷ついた。しばらく距離を置きたいから、連絡しないで」とメールが届き、彼女はあわてて電話したそうですが、留守電になるだけで彼とはまったく話ができませんでした。

「そのままフェードアウトされて終了よ。悪いことしたなと思ったけど、話も聞いてもらえないとはね」と続ける彼女。今でも自分の黒歴史の一つだとぼやいていました。

目移りしてしまう原因は、今のパートナーに対して何かしら思うところがあるせいかもしれません。一度、二人の関係を見つめ直しましょう。

ただ目移りした先へ簡単に進まないよう、気をつけて! 
 
 
(金丸 標)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…