あなたは本気で婚活がしたいの? 本気な人と本気だと思っている人の違いとは

良い人がいたら結婚したい、婚活をしたい、そう思って頑張っているのに一向にうまくいかない。なんでこんなに頑張っている自分が報われずに、そう苦労していない人ばか結婚にありつけるの!? と投げ出したくなっている人もいるかもしれません。しかし、実は、本気で婚活している人と、本気でやっていると思っているだけの人がいるんです。婚活がうまくいっていない方は、もしかすると婚活を頑張っていると思い込んでいるだけの人かもしれませんよ。

本気の人はスピード勝負

本気で婚活している人は、とにかくスピード感が違います。すぐに相手を見つけ、半年も経たないうちに婚約までこぎつけるケースも。一方、婚活を頑張っていると思い込んでいるだけの人は、いつまでもだらだらと婚活を続け、「今日もまたハズレ合コンだった〜」なんて愚痴をかまし、理想だけは高いのです。「婚活をしている自分」に安心しているだけです。もちろん、何も行動しないよりかはしている方が好ましいですが、いつまでも婚活を続けているとダレてしまいます。

本気でないなら婚活に取り組まない方が良い出会いがある?

自分の婚活は本気ではないのだと分かった人は、思い切って婚活をやめてみた方が効率的に出会える場合もあります。婚活と言うと、合コンや街コン、友達の紹介が主な出会いでそれ以外はほとんどないと思い込んでいるかもしれませんが、婚活をやめると他にも出会い方があるのだと視野を広げられます。稀ではありますが、通っている飲食店の店員や常連さんと知り合えたり、ご近所さんと何かの機会に仲良くなったりということも。

また、一度婚活をやめてみると、「本気でやらねば!」といてもたってもいられなくなり、本当の本気の婚活に取り組める日がやってきます。「年齢が年齢だし、とりあえず婚活するか」くらいの意志では悲しいかな、現代社会では結婚にこぎつけるのは厳しいのです。

データにとらわれない

「現在35歳以上の人で今後結婚できる可能性は1%未満」というデータがネット上で話題になったことがあります。これに焦った女性は多いはずです。でも、データに踊らされ、人と比べてみじめな思いを引き起こすことは危険です。この思考が出会いを遠ざけているのです。年齢を重ねると婚活市場で不利になることはきちんと頭に入れておいた方がいいですが、データにとらわれて卑屈になることだけはやめましょう。

休憩して気が緩んだときがチャンス?

スピード勝負の本気の婚活でも疲れてしまうことはあります。しかし、ちょっと休憩をしようと思ったときにふっと良い人が現れたという話もよく聞きます。今までも、彼氏が欲しいと懇願していたときにはできず、あまり男に執着していないときに突然彼氏ができたということはありませんか? 執着心が婚活の邪魔をしていることもあるんです。

自分が本気の婚活をしているのか、本気だと思っているだけなのか、一度冷静になって考えてみてください。そうすれば、どうすればより効率的に出会えるか構想を練られるはずです。歯を食いしばって頑張るのではなく、ゲーム感覚で、ときには休憩をいれつつ取り組む方が精神的にも楽ですよ。

 

 

phot by. martinak15


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…