男性からモテるメールには法則があった?モテるメールのポイント4つ

「直接だと恥ずかしくて言えないこともメールなら伝えられる。」そんな経験のある人も多いのではないでしょうか。そんなメールの使い方次第で、あなたのモテ度も大きく変わってきます。今回は、男性からモテるためのメール術を4つご紹介します!

返信したくなる内容にする

好きな人とのメールを長続きさせるために、「今日は何してたの?」と質問で終わらせるという人もいるでしょう。最初はそれでもいいのですが、疑問系メールは長く続くと質疑応答のようになり、つまらないメールのやりとりになってしまう恐れがあります。

ですから、モテるメールを作るには毎回のように疑問系で終わらせるよりも「おすすめの映画があったら教えてね!」など、相手がつい返信したくなる内容で終わらせてみましょう。モテるメールは、質問攻めのメールではなく、相手が答えたくなるメールの内容にするのがポイントなんですよ。

具体的に誉める

男性は自尊心が高いので、具体的に誉められることが大好きです。単純に「すごい」と言うよりも、「こんなところがすごい」と具体的に言われるほうが嬉しいものなんですよ。普段はそんなこと言えないという人も、メールなら言えるのではないでしょうか。普段より少しだけ親しげな内容の文章を送ってみるのも、モテるメールの特徴ですよ。

メールのスタイルを合わせる

メールは用件だけを短文で送る人、それなりに長文の人などさまざまです。もし、あなたの好きな男性がほとんど一言でメールをするのに対し、あなたが長文のメールばかり送っていたら、相手はあなたとのメールにストレスを感じてしまうでしょう。そうならないよう、1回に送るメールの文章量やメールを送る頻度など、メールのスタイルを相手に合わせることがモテるメールでは重要なポイントになりますよ!

絵文字や顔文字は使いすぎない

女性同士のメールなら絵文字や顔文字だらけでも大丈夫ですが、好きな男性へモテるメールを送りたいなら絵文字はほどほどにしておきましょう。絵文字や顔文字を使う場合も、笑顔の絵文字や音符などのシンプルなもが無難でしょう。恋人でもない相手に、ハートマークをつけたメールを送るのは「軽い女性」と勘違いされることがあるのでおすすめできません。

さっそくモテるメールを送ってみよう!

モテるメールの特徴4つをご紹介しましたが、いかがでしたか?メールの良いところは、少し考えてから返信できるというところです。気になる相手からのメールにはすぐに返信したいと思うものですが、時間をかけてモテるメールを作ってみましょう。

 

Photo by acworks

 

【参考】
男性をドキッとさせる、モテるメールテク
男性がつい返信したくなる「メールのプチ技」5つ


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…