福山雅治の結婚に学ぶ! 40男と上手に付き合うコツ

「結婚しないオトコ」の代名詞、福山雅治さんの結婚ニュースは、日本中の女性を愕然とさせました。報道があった翌日は会社を休んだり、家事を放棄したりする女性たちが続出し、『ましゃロス現象』なんていう単語も生まれたのです。

福山さんに限らず、堤真一さんや西島秀俊さん、堺雅人さんなど、近頃は大物40代が続々と結婚を発表しています。そのたびに世の女性たちは悲鳴を上げているのですが……少し前であれば、40歳を過ぎれば立派な「オジサン」。魅力的などとは言われることがありませんでした。彼らの何がそんなに良いんでしょうか?

また、どうすればステキな40男と良いお付き合いができるんでしょうか?

1007

恋愛や結婚にこだわらない40男

男性であっても、35歳くらいまでが適齢期といえますし、実際に20代後半から30代半ばで結婚を決める人が多いようです。けれど、40代に突入するまで奥さんを必要としない、結婚に目が向かないという男性は、そのぶん意識が仕事に向いていて、他の男性が女性に費やす労力と時間をすべて仕事に注いでいます。

そのため、社会的地位や収入が高いところが、女性にとっては魅力の一つになりますし、熱中できる適職、あるいは天職ともいえるものを確立しているところや、堂々と振る舞う姿も素敵だと思えるポイントでしょう。

ただし、ビジネススキルが高く、仕事に対する意識が高い男性は、そういうものをまったく理解できない女性を嫌います。同じスキル・意識を持つまでいかなくても、自分が仕事に没頭している時は邪魔しないでほしいし、多少放置しても文句は言わないでほしいと思うのです。

40歳を過ぎても魅力的な独身男性に「仕事とアタシ、どっちが大事なの?」なんて質問は禁句自分が構ってもらえなくても彼の仕事を尊重する、くらいの気持ちが必要でしょう。

そして、「彼を支える」というよりは、「邪魔をしない」という感覚を持つと良いかもしれません。40代に入るまで仕事に専念して、独身を貫いてきた男性は、他人に支えられなくてもちゃんと生きていける人です。そういう彼の生き方の妨げにならないことが、彼女や奥さんとして必要とされる条件になります。

一人で何でもできちゃう40男

実家暮らしに甘んじていて魅力的な40男はまずいませんから、女性たちから熱い眼差しを向けられるアラフォー男性は、一人暮らしが長いです。また、長年の一人暮らしに不満などなく、むしろラクで快適とすら思っている場合が多いでしょう。料理や掃除が得意なのはもちろん、インテリアのチョイスも絶妙で、便利な家電製品を揃えていたりします。

そのため、一人で何でもできちゃう40男に彼女・奥さんとして必要されるには、「家のことがキチンとできる」が必須条件となります。実際に、福山雅治さんの奥さんとなった吹石一恵さんは、お弁当を買ったことがないというほど料理好きだそうで……。何でも上手な40男の上を行く家事スキルが何か一つでもあると良さそうです。

特に、結婚を狙うなら、彼の胃袋をつかむことは欠かせないでしょう。「私は若いし、顔もスタイルも良いから大丈夫!」なんて甘い考え。人生の折り返し地点を過ぎている40男は、女性の武器が若さだということを十分理解しています。そして、若さは年を重ねるにつれて価値が落ちる魅力だとも、ちゃんとわかっているのです。

遊ぶだけなら外見しか見ませんし、家事ができなくても構わないでしょうが、真剣交際をするなら、容姿の良さより性格や生活スキルを重視するのです。

一人の時間が不可欠な40男

40歳を過ぎるまで自由な生活を謳歌していた男性は、結婚したからといってマイホームパパに変身するとは限りません。むしろ、それまでの感覚を変えずに一人で趣味を楽しんだり、ふらっと一人で出かけてしまったりするでしょう。

でも、そんな振る舞いを「ありえない!」「私をどうして放っておくの?」と責めれば、40男は間違いなく「めんどくさい」と思うはず。結婚に失望してしまいかねないのです。

それに、40男にとって一人の時間は、充電・リフレッシュのために欠かせないものだったりします。仕事でつねに緊張状態にされされて、高い能力を周囲から求められることが多いでしょうから、そこらへんをリセットする大事な『儀式』だといえます。

良いお付き合いを続けていきたいと思うなら、40男から一人の時間は奪わないことです。一人になりたいオーラを発していたら、進んで距離を取るくらいが喜ばれるでしょう。

 

Photo by. Victor1558

 

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…