男性が「コイツと結婚したい!」と感じる女性の特徴3つ

世の中のカップルはどのように結婚に至るのか、気になったことはありませんか?
付き合いが長くなれば、自然と結婚の話が出てくるもの。でも、なかには結婚の話が進まないカップルも少なくないと聞きます。
結婚の話をするには、まずお互いが”結婚に相応しい男女”の条件をクリアしていることが絶対ですよね。

男性なら仕事や経済力、責任感や頼り甲斐といった条件が挙がりますが、では女性の場合はどうでしょうか……?
そこで今回は、男性が”結婚対象として考える女性の特徴”についてまとめてみました。

男性は母性的な女性に弱い

一般的に男女とも結婚対象として考える相手には、内面を重視する傾向にあります。例えば性格が優しくて穏やかである。価値観が一致している。金銭感覚が同じなど。できるだけ自然体で接することができる相手を求めるのは男性も同じです。

ただ女性とちょっと違うのが、男性は結婚しても生涯にわたって仕事を続けるのが専らですよね。一家の大黒柱として家族を養う立場の男性は、結婚の条件としてもまず経済力が挙げられるもの。

そんな仕事に精を出す男性ですので、結婚対象として考える相手にも自分のことをよく理解してくれる。また自分を影ながら見守って、支えてくれる女性を求めるのです。

それこそ仕事でミスをして落ち込んでいる時、自分を優しく励ましてくれる女性。何も言わず自分の様子を見て、まるで母親のように好きな手料理をソッと差し出してくれる女性……。そんな母性溢れる女性に男性はとても弱いんですね。

時には男性をリードする勢いも大事

男性は元々プライドが高い人が多いもの。心のどこかで「自分が優位に立ちたい」と思っています。
ですので、好きな人の前では一歩引いて、男性を上手に立ててあげること。すると男性は居心地の良さを感じ、そういった雰囲気にしてくれるあなたの存在がどんどんと大きくなっていきます。

ですが、彼のことを癒し、上手に立てられるだけでは、単に都合のいい女性になってしまう可能性もあるもの。男性には狩猟本能が備わっているため、無条件に自分を受け入れてくれる相手では、恋愛意欲を満たすことができないのです。
そのため自分が受け入れられないことはキッパリと断る勇気と、時には彼のダメな一面をしっかりと叱ってあげられる、頼もしい一面も持つことが大切です。

男性は女性以上に繊細な人が少なくありません。見た目がどんなに男らしい人も、意外と中身はナイーブという人が多いのです。
ですので、自分にはない逞しさを見せつけられると、「コイツとなら結婚しても上手くやっていけるかもしれない」と決意を固めるきっかけになることも十分あるでしょう。

彼を必要としているかどうか

男性は自分よりも身長が低く、カワイイ女性を好きになることが多いもの。これは単に好みの問題ではなく、男性がどこかか弱い女性を見ると放っておけないと感じられ、「自分が守ってあげないと」と感じるからです。

反対に自分よりも仕事ができて給料が良く、かつ大人として完全に自立した女性は「俺がいなくても大丈夫」と思われてしまい、男性は結婚対象として考えづらいようです。

無理に自分を繕う必要はありませんが、自分ひとりでは出来ないことは彼に甘えること。そうすることで彼も頼りにされていると感じられて、あなたとの付き合いにも前向きに考えるのではないでしょうか。

男性の結婚意欲を促す女性になろう!

男性が結婚対象として考える女性の特徴について挙げてみましたが、いかがでしたか。これが女性の考える結婚対象となると、冒頭でも挙げたように経済力、責任感……と分かりやすいもの。
いずれの条件も今すぐ身に着けることは難しいので、コツコツと自分自身を高めながら、彼が思わず結婚対象として考える女性になれるといいですよね。

 

Photo by小智的天空(JR Chang)