合コンで好感度がアップする! 酔っ払いタイプ別のベストな対処法

お酒の席でのあるあると言えば、酔っ払いの対応。自分の限度をわかっていない人、勢いで飲んでしまって普段と異なる性質が出てしまう人など、いろいろなケースがあります。

それぞれのタイプに合わせて対処することが、合コン参加者たちに好印象を与える秘訣。あからさまに嫌そうな顔をするよりも、臨機応変に対応できる人の方が魅力的ですよね。

合コンで好感度がアップする! 酔っ払いタイプ別のベストな対処法

(c) pressmaster – Fotolia.com

そこで今回は、酔っ払いのタイプ別の対処法について紹介していきましょう。

■泣き上戸タイプ
お酒が入るとネガティブになったり、泣いて周りを困らせるような泣き上戸タイプには、話し相手になってあげるのが一番。

相手の話に耳を傾け、たとえマイナスな会話が続いても、しばらく付き合ってあげることが大切です。一緒に暗くならないように、前向きな対応をすれば、周りもあなたをフォローしてくれるでしょう。

■絡み酒タイプ
もっとも厄介な絡み酒タイプには、長期戦だと思って接する必要があります。

とにかく笑顔で振る舞うことが大切! そしてケチをつけられても、「売り言葉に買い言葉」にならないように気をつけましょう。
 
 

■セクハラタイプ
女性にとって面倒で関わりたくないのが、セクハラタイプの酔っ払いでしょう。

堂々と触ってくる人、隙を狙って触ろうとする人など、セクハラのパターンはさまざまですが、基本、相手のペースに乗らないことが大事です。

「このくらいならいいだろう」と思わせてしまうと、どんどんエスカレートすることもあるので気をつけてください。

■飲みすぎてダウンするタイプ
自分が飲める量がわかっていなかったり、周りに煽られるままどんどん飲んでしまい、途中でダウンしてしまうタイプもいます。

このタイプは優しく介抱してあげるといいでしょう。背中をさすってあげたり、水を用意してあげてください。

そのような優しい姿勢に男性はグッとくるものです。

楽しいはずの合コンが、酔っ払いの対応に始終する結果に…なんてこともあるかもしれませんが、その状況を逆手にとり、自分自身の魅力をアピールする場に変えてみてくださいね。
 
 
 
(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…