本命力が試される! 心が揺れた時に選ぶ4つの行動

裏切られたり、二股を掛けられた辛い経験から恋に臆病になっていませんか?

大好きだったのに……
一緒にいて楽しかったはずなのに……
どうして私は本命になれなかったの?
私と彼女、どこがちがうの?

出会いはあっても、なぜか恋が成就しないという方のために、心が揺れたとき、本命女子ならこうする!という行動を恋の始まりから順を追ってご紹介しましょう。

恋の始まりは、あくまでも無邪気&キッパリ

本命女子は無邪気に恋に落ちます。恥じらいやドキドキはあっても、恐る恐るとか、疑心暗鬼などという言葉とは無縁なポジションにいるんです。

だから自分への愛に少しでも疑いを感じさせる男性には、あっさり背を向ける……本命になれる恋でないなら鮮やかに立ち去ります。たとえ「好き」が残っていても追いかけたりしないんです。なぜなら彼女は知っているから。
“恋を失うことは次に大本命の恋に出会う前触れ”だって。

愛された後も、粗末に出来ない女性に

本命女子だからって、いつまでも恋人を焦らせばいいってもんじゃない。
お付き合いが進めば、やがては2人の夜を過ごす時がくるでしょう。
違いが出るのは……、重要なのは……、「その後」なんです。
女性はつい彼の真意及び誠意をはかってしまい、『先にあっちが連絡してくるべき』とジリジリ待ってみたり、『これで急に態度が変わったら?』と不安になったりしてしまうもの。
が!
ここでも本命女子は無邪気でいましょう。

素直に「あなたとこんな風に過ごせてしあわせ」と態度に表していいんです。別れて家についたら、「ありがとう、すごい楽しかった」と先にメールしたっていい。もう切り札がないみたいな感覚になって、過剰に心配したりすると、盛り上がっていた彼の心を変に重たくしてしまうことがあります。

プレッシャーを感じたり、面倒になったりして、深くなったはずの関係に亀裂が入ることも……! そんなのイヤでしょう?
本命女子は遊ばれるのを恐れるよりも、素直に彼を信じ感謝や喜びを口にします。すると相手も、彼女を粗末にできないと感じるようになります。

追いかけるより放置を選ぶ

つき合ってしばらくすると男性のテンションが下がってきた……というのはよくあること。
ここで焦ったり、動揺して騒ぎ過ぎ、せっかくの恋を自爆させてしまう女性が多いのも、またよくあること。
これは狩りの習性を持つ男性脳のしわざ。彼女を本命だと思えばこそ、頑張ってやっと手に入れ、彼はホッとひと息ついているだけなんです。

なんで? どうして変わったの? と聞きたい気持ちは誰しも同じですが、本命女子なら、追いかけるより放置を選びます!
毎日電話やメールをしていたなら、1週間とか10日くらい止めてみましょう。本命の彼女と思っているなら、彼は慌てて連絡をしてくるはずです。

恋の終わりも、笑顔を忘れない

別れるときこそ本命力が試されます。

悲しいけどその時がきてしまったら……泣いても、わめいても、それは構いません。でも最後だけは決めるのが本命力です。
「あなたとつき合ってよかった」「ありがとう」
恨み節は吐かない。彼の顔をみて、がんばって笑顔を作ります。
そして毅然と背を向けて歩き出す。
こんな風に去られると、仮に自分から振った女性でも、彼の心は少し揺れたりします。

ぐちゃぐちゃの切り口は2度とひっつかないけど、すっぱり切れていると再び引っ付きやすい、なんていう人もいます。
ま、本命女子は別れた男性に執着したりしないですけどね。

おわりに

いかがですか?
順を追って考えてみると、本命力とは「自分と相手を信じる力」のようです。
自分の「愛される力」に疑いを持たず、彼の「愛する心」を信じる……!
 今より少し強くなれば、あなたも「本命力」を手にいれられるのではないでしょうか。

参考文献
「あの人の本命になる恋愛の極意」 
           藤沢あゆみ インデックス・コミュニケーションズ

Photo by ame0399


この記事どうだった?

3いいね!

2うーん…