意外?男子が明かす「運命の女子を好きになったきっかけ」4選

恋ってなんだろうとか、恋愛ってどうやってするものなのかなとか、ロマンティックにして牧歌的なことを考えている女子も多いかと思います。

が、男子にとって、恋とか、運命の女子との出会いというものは、あまりロマンティックではないのかもしれない……そんな事例をご紹介したいと思います。

男子が「運命の女子を好きになったきっかけ」とは?

がっかりしないでお読みいただければと思います。

1:考え方がおれよりしっかりしていたから

「初めてのデートで、彼女はおれよりも考え方がしっかりしているのがわかったので、好きになりました」(27歳・IT)

男子で「おれよりしっかりした考え方を持っている女子」を好きになるひとって、わりと多いのかもしれません。

識者でこういうことを言っているひとも多く、「女子は子どもを産むことができる性であるゆえに、男より考え方がしっかりしているし、男ほど強烈な淋しさを感じない」というご意見も。

2:すぐに付き合ってくれそうだったから

「すぐに付き合ってくれそうだったので、付き合いました。運命の彼女だなあと思います」(28歳・広告)

女だったら誰でもええんかい! という女子のツッコミもあろうかと思います。

でも、出会った瞬間に「すぐに付き合えそう」という「直感」を彼が持ったということでしょう。こういう直感を働かせようと思えば、日ごろから身体も心も、磨いておく必要があるでしょう。

3:すぐにエッチさせてくれたから

「すぐにエッチさせてくれたので付き合いました。運命を感じます」(25歳・教材販売)

この世の中「すぐヤる」というのは、あまり褒められたことではないとされていますが、恋愛の始まりとか、運命のひととの出会いって、つまるところ、こ~ゆ~ことなのかもしれません。

取材をしていると、男女ともに、こういう話、よく聞かせてくれるのです。

4:おっぱいが大きかったから

「おっぱいが大きかったので、好きになりました。がんばって口説いて付き合っています」(27歳・PR)

おっぱいだろうがお尻だろうが、髪の毛だろうが、なんでもいいので、1つ、これはというものをお持ちになると、運命の男子が寄ってくるということでしょうか?

今回のまとめ

いかがでしたか?

運命のひととの出会いと書くと、とてもロマンティックに聞こえますが、すごく平たく言えば、恋って「ヤること」に収斂されるものです。ですよね?

平たくしすぎな気もしますが、まあそういうものでしょう。

ロマンティックにがんじがらめになっている女子は、「この男子としたいかどうか」を考えてみると、コトの実態に即した、素直で明るい未来が拓けるかもしれません。


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…