男子が「すごく苦手な女子」の特徴4選

なにをしても彼氏ができない……あたし、そこそこかわいいし、じぶん磨きをしているし、なのになぜ彼氏ができないの?……こうお嘆きの女子は、ぜひ以下を参考になさってみてはいかがでしょうか?

今回は、男子が苦手な女子についてお届けします。

さっそく証言を見ていきましょう!

1:いつまで口説いても付き合ってくれない

「何回もデートをして、何回も口説いているのに、いつまでも付き合ってくれない女子。そのわりに、ひょこひょこと笑顔でデートに出てくる女子……苦手です」(27歳・IT)

男子からすれば「のらりくらりとはぐらかしている」最悪な女子に見えるのかもしれません。「淡く揺れ動く女心」なんて、男子はあまり理解できないのでしょう。

2:したいのかしたくないのか、はっきり言わない

「10回以上デートして、2回くらいしかヤらせてくれない女子。これはもう苦手すぎます。したいのかしたくないのか、はっきり言わないんですよねえ。困ります」(25歳・教材販売)

もっと歳を重ねると、デートの目的を、男女ともにはっきりと意識するようになります。

エッチしたいからこの男子と付き合うとか、恋人未満として美味しいものを食べるためだけに付き合うとか、竹を割ったような明確な目的が生まれます。

3:恋に恋している系

「恋しているあたしが、あたしは好き……こういう女子って、どう接していいのかわからないので苦手です」(29歳・コンサル)

恋しているあたしのことが好きという女子は、結局のところ「あたし」のことが好きなわけであって、彼のことが好きではない……こういうことって、男子は勘で気づくものです。

ま、じぶんが歌っている歌に、じぶんで酔っぱらっている女子ということでしょう。

4:じぶんを高く売りたい系

「SNSなどを駆使して、じぶんのことを高く売ることに余念がない女子。意識が高い系とかと言われているようですが、もう苦手ですね」(28歳・建築)

じぶんを高く売ることは、べつに悪いことではないと思いますが、「あたしのストーリー」のなかに、彼が入ってゆける「隙間」を提供しないと、男子は「入っていきづらい」と感じるのかもしれません。

今回のまとめ

いかがでしたか?

本文にも書きましたが、淡く揺れ動く女心なんて、男子はあまり理解できないのだろうと思います。

ヤれるのか、ヤれないのか? おれのことが好きなのか、じぶん大好きなナルシスト女子なのか……このへんの基準を、男子はお持ちであるようです。

いつの時代も、男と女は、深くて黒い川を挟んで、こちら側と対岸に佇んでいる生き物であると言えるのかもしれません。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…