オンナが幸せだと思う「結婚」をオトコが望まないワケ

オンナの幸せといえば、“結婚”や“出産”。毎朝「いってらっしゃい」のキスで夫を送り出す、まるでドラマのような日常生活にちょっと憧れますよね。


(出典:株式会社リンクバル)

でも、『恋学』が女性を対象に行ったインターネット調査「結婚は幸せだと思いますか?」では、なんと4割が「思わない」と回答。結婚に対して、前向きになれない女性が増えていることが分かったのです。

なぜ今ドキ女子たちは、結婚を望まなくなってしまったのでしょうか。

1:「結婚」がオンナの幸せではなくなった理由

20~30代の独身女性を対象に「結婚は幸せだと思わない理由」を聞いてみたところ、「自由な時間がなくなる」「仕事と家庭の両立は絶対にムリ」「結婚した女性を見ていて、幸せだと思えないから」など、かなり現実的な意見がズラリ…。確かに「その通り!」ではありますが、ちょっと欠点にクローズアップしすぎなのかもしれませんね。

仕事を辞めて、家事や子育てに専念する女性が少なくなったいま、どうしても結婚に負担を感じてしまいがち…。でも、結婚しないと得られない温かな“幸せ”があるのも事実です。結婚=オンナの幸せのゴール、オンナの人生を左右する就職先、なんて過度な期待を抱かなければ、もっと前向きになれるのではないでしょうか。

2:約半数の男性は「結婚=幸せ」だと思うと回答!

グラフ結婚2

(出典:株式会社リンクバル)

続いて、男性を対象に「結婚は幸せだと思いますか?」と聞いてみたところ、45%が「思わない」と回答。女性と同じように、「時間もお金も自由がなくなる」「もっと独身生活を楽しみたい」という否定的な意見が多く、「家族を養うプレッシャーが重すぎる」なんて男性ならではの声も聞こえてきました。

でも、約半数の男性は、結婚=幸せだと思っているのも事実! 美味しい料理に温かい家庭、愛する妻に可愛い子ども…。働き盛りの20~30代男性にとって、結婚は責任や負担などの“デメリット”がある一方、“安らぎ”や“幸せ”を与えてくれるオアシスのような存在なのかもしれませんね。

3:オトコが「結婚」しなくなった本当の理由

そうはいっても、結婚を先延ばしにしている男性が増えているのも現実。それは、結婚するのが当たり前だった時代に比べて、独身=出世できない、社会から外れた存在といった“偏見”なくなったことが関係しているようです。

「オレの人生に“結婚”は必要ない」

仕事や趣味に打ち込むストイックな男性も魅力的ですが、やっぱり女性は愛する人を目の前にしたとき、結婚を意識するもの。「プロポーズする気がない」「将来結婚する気がない」男性と一緒にいても、いつかあなた自身が辛い思いをするだけかも…。

おわりに

「あなたは結婚は幸せだと思いますか?」と聞かれたとき、いまは前向きになれなくても、5年後10年後のことを考えると、ちょっと見方が変わってくるはずです。「ひとりの方が楽チン」なんて強がりは、もう終わりにしませんか?

 

【参照】
恋学アンケート
2015年10月20日現在

(取材協力)
20~30代の独身男女

photo by Vive la Palestina


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…