恋を加速させる、秋のデートで曲げわっぱテクニック〜アナウンサー小泉恵未の【コエミの恋するグルメ】Vol.52~

秋を代表する食材と言えば栗。そして、栗で有名なのが長野県小布施町。ということで、小布施にある栗菓子の老舗、桜井甘精堂 泉石亭に行ってきました。

今年は栗の収穫が、例年より半月ほど早く終わり、ケヤキもいつもより早く色づき始めているそうです。

お店に入るやいなや、目に飛び込んでくるのは立派な庭園!

これは味も期待してしまいます。

IMG_6231

2年前にリニューアルされているので、内装がとても綺麗。アンティークな簞笥などが配置され、その新旧のバランスも心地よいお店です。

男女4人で最初に頼んだのは天ぷらの盛り合わせ4人前「かなり量多いですけどよろしいですか?」に「大丈夫ですー」ってみんな答えたけれど・・・

IMG_6236

豪快なのが来ました!このあと各自に定食きますからね!!みなさん、最後までおいしく頂きましょう。

揚げたての天ぷらをいただきながら、長野の美酒に酔いしれます。

海老が実に大きくて、食べごたえがあって美味しかったです。

いよいよメインの登場です

IMG_6239

私が頼んだのは栗わっぱと豚の角煮と茶碗蒸しが付いている一茶御膳。

さすが栗の本場です。栗わっぱの栗がとってもしっとりしていて、甘みがあり、実も大きいので、食べごたえあり!!喉越しの良いお蕎麦と交互に食べれば・・・あぁ、幸せしょっぱさとほのかな甘みの交互って絶妙です。日本人で良かったと思うこの繊細な味わい、秋を堪能できちゃいます。

ここで恋愛テクニック

まず曲げわっぱに注目します。(写真の円筒形の木のお弁当箱です)

「あ、曲げわっぱだ。これだけで、ご飯が数段美味しく感じるよね。私大好きなの。木の香りがほのかにご飯について・・・」なんて話から入ると、優しい家庭的な印象の女性に感じられます。

まだまだ終われない食欲の秋!

さて、食欲宇宙な小泉は、ここからデザートタイムです。

IMG_6240

クリームあんみつをオーダー。登場するのは、こしあんではなく、栗あんですさすが小布施、どこまでも栗が参入してまいります。隣にいるアイスクリームと栗あんが実に良くあって、最後まで口の中を楽しませてくれます。

私たちの量は、多分男女4人の平均ではありません(笑)しかも餅米はお腹にたまりやすい。小食女子ちゃんは、一茶御膳とクリームあんみつぐらいがベストな量かも。「おなかいっぱいで食べられないから、○○くんあと食べて」ではなく「美味しかったね!」と二人が満足して帰れるように、外の見本を見てからお店に入りましょ!

最後はお庭を堪能して

お会計を済ませたら、是非冒頭でお話したお庭から帰ってみて。

水のせせらぎと、古い庭作り、小布施の魅力が詰まっています。そしてそのまま町を散策してみてください。この町には通り抜け可能なお庭がたくさんありますので。気になる彼とこの景色をバックに写真を取れば、素敵な思い出になりますよ。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…