ギャップを上手に使うには? ビギナーのためのギャップの法則4つ

『強面の愛犬家』、『意地っ張りの涙』等々、ギャップには計り知れないパワーがありますよね?
嫌いな人だったのに、その仕草、その優しさを感じた瞬間に、恋心に華が咲いてしまった。そんな経験、誰しも一度や二度はあると思います。

もちろん女性だけでなく、男性だって女性のギャップを感じた瞬間に、トキメクことだってあるのです!
嫌いが好きに変わるのですから、ギャップのパワーと言うのは、とっても凄いのです!
でも皆さん、ギャップの底力、分かっているけど使いこなせていますか?

今回は、ギャップパワーをフルに発揮し、上手に使うための法則を4つご紹介いたします。
あなたのギャップで、彼も惚れること間違いなし!かも?

lgapgf01a201412190100

1.まずは自分を誰よりも理解しよう!

ギャップとは『gap』ですが、一体何なのか?
恋愛で言うところのギャップとは“イメージと違う”ということだと思います。
なので、ギャップパワーをフルに発揮するには、まず自分自身を理解しないといけませんね。

今までに、友人や恋人に「意外」なんて言われた経験があると思います。
それこそが、他人があなたに抱いているイメージなのです。
「〇〇な人そう」とか「これが好きそう」と言われて全然違ったときに、「何このバカな男」と思うのではなく、「他人からは、こう見えているのか!」と気付いたあなたは、恋愛上級者へ一歩前進と言ったところでしょうね。

2.良いギャップと悪いギャップ

他人が自分にどんなイメージを抱いているかが分かったら、良いギャップ悪いギャップを理解しましょう。

例えば、筆者は顔立ちや服装から、「チャラそう」と言われることがあります。
それも、20代までの女性に限ってで、30~50代にかけて言えば、人を見る眼力がそれなりに備わっているので、そんなことは言いません!思っていても言わないのかもしれませんが……。
その「チャラい」というのは他人が抱いている、どちらかと言えば負のイメージですよね。そういった負のイメージを他人が思ってくれないと、実はギャップ術は使えないのです。

この場合、筆者は何の努力もしないで、ギャップパワーをフルに使えるのです。
ただ、普通に会話をしているだけで、他人は勝手に良いイメージを抱いてくれます。
なぜかと言うと、筆者はチャラくないからです!
実際にチャラいと「やっぱり見た目通り」となりますが、話してみると、「見た目と全然違った」と勝手に思ってくれるのです。それこそが良いギャップです。

では、悪いギャップはと言うと……(また筆者で例えますが)。
筆者は女性に「優しそう」とも言われます。これは、他人が筆者に抱いている良いイメージですね!この良いイメージというのが、厄介なのです!

筆者は、他人が抱く”優しい”というイメージよりも優しくないのです。ですので、ほんの少しでも優しくない素振りをすると、「なんなのこの人!」と勝手に思われてしまいます。
それこそが、悪いギャップなのです。

3.少しの努力でギャップパワー全開

良いギャップと悪いギャップが分かれば、必要最低限の努力でギャップパワーをフルに使えます。
あなたが他人からどの様に思われていようが、自分の魅力に気付いているのなら、あなたは何の努力もしなくて大丈夫です。会話やふとした仕草や行動で、良いギャップを他人が勝手に抱いてくれます。

では、努力すべきところはどこか!
男性が勝手に女性に抱く、女性的な良いイメージを持たれたときです。
例えば、「優しそう」、「清楚そう」、「家庭的」、「初心な女性」等々、男性はいくつになっても女性に幻想を抱いている生き物なので、勝手に良いイメージばかりを抱きやすいのです。
特に好きになった女性には!
ですので、そんなイメージを持たれた女性は、普段料理をしなくても大好きな男性には、ちょっと頑張って料理をしてみたり、普段は派手なファッションの女性でも、ちょっと派手さを抑えたファッションにしてあげると、イメージ通りの素敵な女性の完成なのです!

「実際の自分とは違う」と思うかもしれませんが、何も最初から自分を全部出す必要はありません。少しずつ”等身大の自分”を見せていけば、あなたの新たな一面を見れた男性は、勝手に喜んでくれます。

他人のイメージ通りに生きる必要はこれっぽっちもありませんが、「この人には嫌われたくない」と思う男性が現れた時に、この法則を知っておけば、必要最低限の努力で、悪いギャップを緩和できますよ!

4.女性的な女性ほど不利なギャップ術

強面の男性が、ほんの少しでもあなたに優しくしたら、「〇〇さんが、こんなに優しいなんて」と凄く感動しますよね。
でも、優しそうな男性が、ほんの少しあなたに優しくしたところで、「やっぱり優しい人」と思って、強面男性よりも感動は少ないでしょう。
これは、男性が女性に抱くギャップでも同じことなのです。

サバサバ系に見える女性が、少し優しくすると、男性は「絶対自分に気がある!自分にだけ優しくしてくれた」と思ってしまいます。
しかし、女性的な女性。見るからに優しそうな女性から優しくされても、「ありがとう」で終わりかねません。
むしろ、八方美人な奴ほど負のイメージを持たれるかもしれないのです。

他人から女性的な女性というイメージのある女性は、そこを注意して下さいね。

まとめ

1、 他人が自分に抱くイメージに気付くこと!そして、自分自身を理解すること。
2、 悪いイメージこそ、ギャップパワーの見せ所!良いイメージこそ気を付けること。
3、 好きな人が抱いている良いイメージを演じることは、恋愛に必要な努力!腹黒いなんてことはありません。等身大の自分は少しずつ見せていけばOK。
4、 ギャップ術には、向き不向きもあります。女性的な女性は気をつけて!ギャップを見せること!

今回は、具体的なギャップの方法ではありませんが、このギャップの法則を知っておけばギャップ術として使えそうな言動が、おのずと分かってくるはずですよ。
恋が実るよう、今日もがんばりましょう♪

photo by TheodoreWLee

瀬戸 樹の他の記事を読む