こんな「結婚相談所」は絶対選んじゃダメ! プロが教える“鉄則3か条”

■CMで見た「結婚相談所」なら安心……って本当?

 昨年の11月から規制緩和があり、今秋から特に、あらゆる結婚相談所や結婚情報サービスのテレビCMが流れるようになり、様々な企業が結婚相談業をはじめています。

「CM解禁は追い風

 結婚相談所のテレビCMが2014年11月に解禁された。日本民間放送連盟の放送基準が、条件緩和されたのだ(出典:ダイヤモンドオンライン『平均成婚率はわずか10%? シニアのための結婚相談所の“新常識”)」

 今や結婚相談所は全国に約4000社あるといわれており、婚活に関するドラマやテレビ番組、イベントなども増えつつある昨今、この「結婚相談所」という業界自体が大きく盛り上がっていることは、みなさんもどこかで感じているはずです。

 結婚相談所のサービス内容をご存じない方にお伝えしますと、入会後に、写真やプロフィールを登録し、お見合い、交際を経て、成婚退会を目指すというものです。しかし、結婚相談所選びを間違えてしまうと、結婚どころか、その前のお見合いにすら進めません! お金をボチャっとドブに自ら投げ捨てたも同然になってしまうのです。

 でも、その結婚相談所を選んだのは、あなたです! 目利きがなかったのは、紛れもなく、あなたなんです。結婚相談所を恨んでも時間は巻き戻せませんし、情報や知識で裏づけされた自分なりの判断基準を持って活動すべきだったと言わざるを得ません。

 では今、結婚相談所へ入会している読者さんに質問です。

「年間でどれくらい、お見合いまで話を進めていますか?」
「何名の方と今、交際していますか?」
「そして、真剣交際に突入できそうですか?」

……これらの質問に、あなたは自信を持って答えられますか?

 今回は選ぶべき相談所の要点を、筆者が代表を務める相談所の元会員さんの実例を交えてお話ししていきます。

■「お見合いに発展しない」……名古屋在住のAさん(37歳・女性)

 今回のコラムの主役は今年5月に名古屋で初のセミナーを開催した際に相談にこられて、そのまま弊結婚相談所マリーミーに入会して婚活に励み、見事3か月で成婚退会したAさん(37歳・女性)という優秀な会員さんのお話です。

 実は彼女、マリーミーに入会する直前まで、既に他の結婚相談所で活動したのですが、“なかなかお見合いにつながらない”としびれを切らして私のところに来たのです。

 「前のところに登録してから、どれくらいお見合いをしていたのか?」と尋ねたら、彼女は「1年間で3人です」と答えました。

 ビックリしました? 1年で3人。少ないでしょ?

 世の中の婚活事情を知っている私としては、「まぁ、だいたいそんなもんだろう」と思っていたので、大してビックリしませんでしたけどね。だって、世の中、本当にそんなもんなんですよ。「わざわざお金を払って会員登録して、1年に3人にしか会えないなんて意味あるの?」って思いません?

 結婚相談所に入会しているのにも関わらず、お見合いにつながらないっていうのは、結婚相談所の存在意義がありませんよね。なのに、なぜそんな低い数値が出ているのか分かりますか?

■第一印象という「オーディション」を通過せよ!

 いきなり自慢しますが、筆者の相談所で活動している会員さんの初月のお見合い人数は「1か月で5.8人」! 5.8人ですよ? 1か月ですよ? すごいでしょ~? 何でだと思いますか? 別に私がゴリ押ししてお見合いを組んでるわけじゃございません!!

 重要なのは、プロフィール写真に命を注いでいるかどうか? これこそが、結婚相談所を選ぶ基準の第一段階になります。

 プロフィール写真はお見合いに至るまでの一番最初の取っ掛かり。「この人に会ってみたい! 話してみたい!」と思う最初の取っ掛かりは、顔であり、写真なんですよ。「私はメンクイじゃないし、中身を見てますから……」なんて思ったあなた、魔法使いかなにかかしら~? 顔を見ずに中身だけ見てお見合いなんてできませんよ。「じゃあ、この人!」と決めた瞬間、あなたはどこを見たわけ?

 いいですか? 人間の第一印象は「たった6秒」で決まってしまいます! 私だったら、そんじょそこらの写真屋で撮ったものだったり、家で自撮りしたり、スナップ写真を切り抜いたような意味のわからない写真なんて、絶対にプロフィールに使用させません!

 ファッションもヘアメイクも徹底的にこだわりますよ! プロのヘアメイクさん、プロのカメラマンさんと契約して、会員さんの魅力を引き出します! プロフィール写真は、まさに宣材写真そのもの! オーディションですから! もうね、「みんなタレントさんみた~い!」というレベルにまで作り上げます。なんといっても、プロフィール写真は相手からの唯一の判断材料であり、ここからオーディションが始まっているのだと、私自身が一番理解しているからこそなんです。

 例の名古屋からきたAさんは、わざわざ名古屋から東京まで、写真を撮りにきました。その結果、入会初月のお見合い人数はなんと12人! 以前は「1年で3人」だったのが、「1か月で12人」よ!? ほんとに今までの時間はなんだったのかしらね? なんてもったいない!

■結婚相談所は「あなたの市場価値」を相談する場所!

 Aさんが1年間で3人しかお見合い成立しなかった原因の次なる理由は、誤った市場価値で婚活していたこと。以前活動していた相談所では、オススメされた男性の年齢がなんと50~60代だったそうで……思わず「えっ、なんで?」って聞いてしまいました。

 私は、Aさんと初めて会った瞬間に、「明るくてくだけた雰囲気が魅力だから友達夫婦になりやすい同年代か、同じ目線だけど甘えやすい少し年上の男性と合わせれば、すぐに結婚が決まるだろうな!」と感じたんです。

 なのに50~60代? しかも、結果的に年に3回しかお見合いが成立していないのにそのまま続けてさせているって……いったいどーいうことなのよ!?  って怒り心頭です。

 結婚相談所に入会してくる会員さんは、夢や希望をたくさん抱いていらっしゃいます。そこで、理想(妄想)の結婚を語らせて、「うんうん、そうね~」とか「次はきっといい縁がありますよ~!」なんて耳あたりのいいことばかり言う結婚アドバイザーは絶対にダメ。

 遊びじゃないし、友達じゃないんです! 「共感するよりまず先にやることがあるだろう!」と私は言いたいですね!

 いいですか? 結婚相談所は会員さんの市場価値をしっかり分析して、お見合いを成立させ、成婚させるための場所なんです。

 「なぜ今まで結婚に至らなかったのか?」という理由を分析する。たとえ厳しい現実でも、ハッキリ、キッチリと本人にお伝えする。婚活を正しい方向性へしっかり導く。そして、確実に結婚へつなげる。そうでなければ、結婚相談所が存在する意味がないのだということを意識して選んでください。

■結婚相談所に1年以上居るって? それ、意味ありませんから

 私はコラムや講演会などのあらゆる場所で、「結婚相談所の在籍期間」について話してきました。アラフォーであれば、3か月で誰とも真剣交際に発展しないのであれば、その相談所をやめ、新たな相談所を探すべきだと。

 もっといえば、結婚相談所は入会した初月が勝負です! そこで波に乗れなければ婚活の成功の波には乗りづらくなります! スタートダッシュを華麗に決めて、成婚へまっしぐらに突き進まなければならないんです。

 マリーミーの新規会員も、約7割が他の結婚相談所で活動していた方です。みんな、婚活リベンジなんです。

 結婚相談所の鉄則! 在籍期間は1年以内、3か月で真剣交際相手ができなければ他の相談所へ動くこと!!

 それは、1秒1秒あなたは歳をとって市場価値が下がるから。売りどきを刻一刻と逃がしてるんですよ? なんてもったいないのかしら? あなたが幸せな結婚を掴むために、「1秒単位」で時間をもっともっと意識してほしいんです!!

■もう一度、「結婚相談所」の鉄則を心に刻んでください!

 最後に判断基準3点をおさらいしましょう。

1.魅力を最大限に引き出したプロフィールをプロが作ってくれるか?
2.市場価値を見極めたうえで、相手選びを勧めてくれるか?
3.在籍期間は1年以内、3か月で真剣交際に発展させられるか?

 さぁ、あなたが選ぶべき結婚相談所は見えてきましたか?

【植草美幸の恋愛コラムガイド:植草 美幸】


この記事どうだった?

1いいね!

2うーん…