どうして彼女止まりなの?結婚前に彼氏を逃してしまう行動

結婚
誰が見ても間違いなくラブラブだったのに、結婚となると話を逸らされる。そんなことをしているうちに別れることになってしまった・・・こんな経験はありませんか?
一体なぜ結婚前に彼氏はいなくなってしまったのでしょうか。

彼女と妻は別物

今付き合っている彼氏が結婚に後ろ向きだとしても、結婚願望がないとは言い切れません。
もしかすると、彼氏の結婚願望にあなたが合っていないだけなのかも・・・
妻にしたい女性と付き合うだけの女性を別物として捉えている男性は多いのです。
例えば、「妻はメイクやファッションが派手じゃない家庭的な女性がいいな」と思っている男性がいるとします。
では、その男性はこれまでそういう女性と付き合ってきたのかと言うと、「メイクやファッションが派手で活動的な女性」が彼女だったりするわけです。

こんな行動にも気を付けて!

もし、あなたが彼氏の結婚願望にピッタリの女性だとしても、次のような行動を取ると彼氏は幻滅してしまうかもしれません。

『1:結婚に触れまくる』

男性には結婚に向けた準備というか、タイミングがあります。
もちろん、悩んでいてあと少し背中を押すだけで良いこともあるので、1回や2回は質問しても良いでしょう。
しかし、事あるごとに「いつになったら結婚してくれるの?」「そろそろ結婚してもいいんじゃない?」「なんで結婚しないの?」こんなことを聞かれ続けたら嫌になっても仕方ありません。
結婚したい女性は「時々聞いただけ」と言いますが・・。
結婚に後ろ向きな男性は「しょっちゅう聞かれる」と思っているものです。
真実はどうであれ、ここでは彼氏がどう感じるかが重要だということを忘れないでください。 

『2:ルールが多い』

付き合っている時から「2人だけのルール」というものを決めるカップルがいます。
ラブラブであればあるほどやりがちなもので、それ自体が悪いわけではありません。
しかし、ルールの中にはどちらかの強いこだわりによって決められるものがあるはずです。
今回で言えば、女性のこだわりによるルールで男性が押される形でできたルールのことです。
女性からすれば「私だって〇〇というルールを認めたんだから」と平等性を訴えたいところでしょうが、男性からすれば、そのことと、そのルールが嫌だということは別物なのです。

『3:男友達が多い』

男友達が多い女性には何かにつけて心配が多いものです。
すべてが浮気や不倫につながるわけではありませんが、友達付き合いの中で家事などがおろそかになることなんかも心配の種です。
交友関係が広いとお金もかかるし、そのために女性が共働きで行くなら夫婦の時間をどう取るのかも考えていかなければなりません。
何より、そういう女性と付き合う彼氏も友達は多い方でしょう。
そうするとお互いにプライベートの時間を大切にしようということになり、「だったら無理に結婚しなくても・・・」となってしまうわけです。

何でもかんでも男性の言いなりになることを勧めているわけではありません。
しかし、いくら女性の行動、言い分が正しいとしても、男性がどう感じているかがとても重要だということを忘れないでください。
こういうものは気遣いとは意味合いが異なりますが、男性は女性のために「すること」は好きですが、女性のために「させられること」は嫌いというワガママな生き物なんです。