煮え切らない彼にプロポーズさせる方法

事実婚でも、入籍したカップルと同等の権利が与えられるイタリアですが、とある事実婚カップルの女性は、彼に結婚をせまっている最中です。

小さな新郎新婦

© kfleen – Fotolia.com

友だちの結婚ラッシュに遭遇したのがきっかけだといいます。「次はどういう手で攻めたらいいかしら?」と女子会で相談していましたが、彼女が帰った後は、「大丈夫かな?」と、参加者みんながヒヤヒヤしていました。

彼の煮え切らなさに業を煮やしたイタリア女性が、状況を変えるために自分から行動している姿をたまに見ることがあります。

イライラすることがあっても、すぐに見かぎって次へ行くことはせずに、「この人と一緒に幸せになりたいから」とポジティブに彼と向きあう姿勢は見習いたいもの。

ここでは、そんな彼女たちが実践した「ダラダラ付きあいを続ける彼に、結婚を決意させる方法」をご紹介します。

1.家族をつくる気持ちが薄い彼
自営業の知人女性は、4年前にお付きあいをはじめた年上の彼と同棲していました。

お互いに入籍にはこだわらなかったものの、親の介護がはじまってから彼女は結婚について考えるようになったそうです。

介護を通して親と本音で話す機会が増え、「結婚して孫の顔を見せてほしい」と思われているのを実感した彼女。よく考えたすえ、思いきって彼に「結婚してみない?」と聞いたのですが、乗り気でない彼の態度にがっかり。

それから1か月ほどで、彼女は介護のためにいったん実家に戻ることを決めました。

「家族をつくることを、彼が真剣に考えていなさそうに見えてイラついてしまった。将来子どもが欲しいと思いはじめた私とは逆で、単にパートナーが欲しいだけのように思えたわ」と話す彼女。

ふたりでいる理由が見つからなくなってしまったと感じ、頭を冷やす意味でも、彼と距離を置くことにしたそうです。

同棲を解消してから彼がどう行動するかを観察していた彼女ですが、半月ほどで彼の態度が変わったことに驚いたといいます。

仕事と寝るとき以外は、ほぼ彼女の実家で過ごし、お見舞いだけではなく、たまに介護を手伝うこともあったそう。

3か月ほどたってから「やっぱり君がいないとダメだ。結婚して、僕たちの家族をつくろう」とプロポーズされたとか。

2.「お金がたまったら」を連発する彼
とある知人女性の彼は転職をくり返すことが多く、「転職するたびに正直、モヤモヤとしていた」とこぼしていました。

求職中は、折半している部屋の家賃が払えなくなり、彼女が肩代わりしたことも多かったとか。付きあってすぐに「将来必ず結婚しよう」と言われて指輪ももらっていたものの、「彼が転職ばかりくり返していたら、生活の基盤をつくることもできない」と不安に思っていたそうです。

「お金ができたら必ず結婚するから、待っていてほしい」といわれ、「愛していたし、彼が困っているなら私が助けなきゃ」という思いでがんばっていたといいます。

しかし、「好き」という気持ちだけではどうにもならないこともある…と思わせるできごとに直面したそうです。

あるとき、カードの支払い額を間違えて覚えていた彼女は、口座の残高が足りなくなったことに気がつきました。コーヒー代も払えず、家財道具のなかからオークションにかけられそうなものを探し、かたっぱしから売っていたそう。

給料日までの約1週間、彼女は豆の缶詰だけを食べ続けたといいます。

「お金がたまるのはいつなの? 結婚するのはいつになるのよ?」と彼にブチ切れ、初めての大ゲンカを3日あまり続けたとか。

それまで彼を信じ、具体的なことは一切聞かずにいたそうですが、ケンカをきっかけに彼の口座の残高やお金の出入りをチェック。彼の通帳を見たときは、預金額の大きさに驚いたといいます。

「仕事で独立するための資金をずっとため続けていた。転職をくり返していたのも、経験を積むためだったんだ」と言いにくそうに話してくれたときは、涙が止まらなかったそう。

ようやく資金のメドがつき、彼の独立とふたりの結婚式を来年に控えている彼女ですが「金銭管理はそのまま私がやっているわ。もう豆の缶詰を食べ続ける日々はこりごりよ」と語っていました。

彼をせっつくだけでは、ふたりの関係もいい方向には進まないもの。ときには傷つく覚悟をして前に踏みだした人にのみ、ハッピーエンドが待っているのかもしれません。

迷ったときはグズグズ考えず、行動してみるのもよさそうですね。
 
 
 
(金丸 標)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…