不倫に正義はあるのか? 既婚者を好きになる時に覚悟したいこと

不倫は不貞行為ですから、堂々と正しいものだとはいえないんですが、既婚者を好きになってしまうことはあると思います。頭ではダメとわかっていても、心が暴走してしまう時だってあるでしょう。「いけない」と思うほどに、恋心が燃え上がる……という状況は少なくないのです。

ただ、普通の一対一の恋愛に比べれば、色々な意味でリスクが高く、精神的にも肉体的にもダメージが大きいものだということは、事前に把握しておいた方が良いかもしれません。

不倫を肯定はしませんが、「それなりの覚悟」をしておかなければ、後悔する可能性が高いのです。

どう決着しても、お金でカタがつく恋

もし、好きになった人の配偶者に不倫がバレた場合、慰謝料を求められることがあります。また、旦那さんが不倫をしていて妻バレした時、不倫相手の肩を持って一緒に戦う姿勢を見せてくれる男性は、「ほとんどいない」と思った方が良いでしょう。子供がいなくて、夫婦関係は破たんし、何年も別居しているならまだしも、子供がいて家庭にそれほど危機的問題がないなら、不倫は男性にとってほんの火遊び。本気で愛をつらぬくべきものではありません。「ゴメン」と謝るばかりで、慰謝料をいくらか負担してくれるわけでもなく、情けなく妻の後ろに隠れて逃げるのがオチです。

また、離婚して不倫相手と再婚する決意をしてくれる場合も、配偶者には慰謝料を支払わなければなりませんし、子供がいれば成人するまでの養育費を払い続けていくことになります。

不倫はどう決着するにしてもお金が絡む特殊な恋愛です。「金の切れ目が縁の切れ目」にならないよう、気を付けましょう。

不倫をする男には、もともと浮気癖がある!?

不倫をするということは、本命がいても「つまみ食い」をしたいタイプだということ。不倫相手を独り占めできて、たとえ結婚できたとしても、つねに自分に興味を引きつけておく必要があります。自分以外の別の女性へ心移りして、また不倫……という状態になるかもしれません。

また、不倫している最中も、「自分以外にも付き合っている人がいるんじゃないか?」と、一度は疑ってみましょう。まさか、と思っても、実は二股をかけられていた、問い詰めたら浮気相手がゾロゾロ出てきた、なんてケースもないわけではないのです。

不倫相手である男性に以下の特徴が見られる場合は特に、注意した方が良さそうです。

・仕事がデキる
・社会的地位が高い
・ガツガツした性格
・欲張り
・自尊心が高い

社会的制裁を受けるかもしれない

たとえば、職場で不倫をして周囲に略奪愛が認められないムードの時、仕事を辞めざるを得なくなります。今どきはあまり多くはないでしょうが、「職場恋愛禁止」という会社・役所であれば、不倫がバレた時点で無職になっちゃいますが、無職同士の恋愛が長く続くとは思えません……。まさに社会的制裁を受けることになるでしょう。

そして、都市部ではなく、ご近所付き合いが密な地域での不倫は、なかなか大変なのでは?そもそも人間関係が狭いために、周囲からの非難が激しければ、そこへ住み続けることも難しくなるはず。遠方に引っ越さなければならなくなって、不倫相手と二人で何もかもゼロからスタートさせることになりますが……それでも愛はつらぬけますか?

何にせよ、不倫は精神的な強さが求められる恋愛です。周りの誰もが敵になっても、相手を愛し続けられるかどうか、冷静に考えてみることが大事。気楽に、「好きだから付き合ってみた」とはいえないものなのです。諦められるポイントが一つでも見つかれば、やめるのが正解でしょう。

 

Photo by. seanmcgrath


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…