付き合っている彼と「好き」の気持ちが一致しない時の対処法3つ

付き合っている彼と「好き」の気持ちが一致しなくて悩んだことはありませんか?

両想いだからといって、必ずしも彼と「好き」の気持ちが同じとは限りませんよね。

カップルによっては試しに付き合ってみて、お互いの関係を図っていく付き合い方もあれば、付き合っていくなかで相手に対する恋愛感情が薄れてしまったという状況もあるでしょう。

いずれにせよ大事なのは、ふたりの距離感です。今回はそんな付き合っている彼との「好き」の気持ちを少しでも近づけるための方法について考えてみました。

彼の恋愛の仕方を尊重してあげる

相手の好きの気持ちが弱い場合は、まず彼の恋愛ペースに合わせてあげることが大事になってきそうです。

そもそも付き合っていながら彼の好きが自分よりも弱いと感じるのは、彼が恋愛以外の仕事や趣味に夢中になっているケース。また、彼の恋愛感情が安定期に入った可能性が考えられそうです。

彼が恋愛よりも仕事、趣味を優先して考えるタイプの場合、下手に連絡を催促したり、相手に気持ちを問いただしてしまうと「面倒くさい」と思われてしまう恐れが高いものです。

恋愛は「面倒くさい」という気持ちが一度芽生えてしまうと、ふたりの関係がたちまち冷え込んでしまいます。

ですので、まずは彼の仕事、趣味をきちんと理解してあげること。そうすることであなたに対する特別感が高まり、彼も仕事や趣味に対する話を積極的に振ってくるかもしれません。

また、あなた自身も彼に釣り合えるよう自立心を高めることで、彼との付き合いに不安や心配が少なくなるのでは?

男性の恋愛感情の移り変わりを理解する

一般的に付き合ったばかりのカップルは、ラブラブな男女が多いものです。でも、付き合って数か月もすると、彼からの連絡頻度が減ってしまい、ふと温度差を感じる女子も多いのでは……?

というのも、男性は付き合ってからエッチするまでが、恋愛のゴールと考えていることが多いもの。それ以降を過ぎると「好き」という気持ちが安定期に入るのです。

それに比べて女性はそこから「好き」の気持ちが高まっていくので、ふたりの関係に温度差を感じやすいといわれています。それこそ男性が「釣った魚に餌をやらない」と言われるのも、こうした男性の狩猟本能が大きく関係しているからです。

彼の性格やタイプのほかにも、男女の恋愛感情傾向を踏まえておくと腑に落ちることがあるかもしれません。

彼との関係に頭で結論を出さない

反対にあなたの気持ちが彼よりも弱い場合は、自然の成り行きに身を任せるのもひとつの手かもしれません。

前述しますが、男性の恋愛感情は相手を口説き落とすまでに、グングンと高まっていきます。それに比べて女性の恋愛感情は、相手と付き合う前では徐々に気持ちが高まっていくのです。

そのため彼からのリードや幾度にも及ぶアタックで、相手に対する興味が強まっていく可能性は十分ありそう。彼との関係について結論を出すのは、それからでも遅くないかもしれません。

すなわち、いま付き合っている期間は彼を知るための時間と捉えてみると、彼を異性として意識しやすくなるかも……?

あくまでも彼との話し合いがしっかりと出来ている前提ですが、もしこうした状況に悩んでいる女性がいたなら考え方のひとつとして参考にしてみて。

おわりに

いかがでしたか。例え好きの気持ちが一致していても、相手との距離の図り方は付き合う上でとても大切になってきます。お互いが丁度いい距離感で付き合えるよう、彼氏ができた際はちょっとこうしたポイントを意識してはいかがでしょうか。

 

Photo by Prinz-Peter


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…